Love of Cats 猫たちからのギフト

猫の難病、闘病、健康、フード、自然のサプリなどのアニマルケア、時々お馬&磯の魚たち

難病 闘病

おねこさまに30歳まで生きて欲しい人々必見

「猫が30歳まで生きる日」のニュースを見た20歳年上の姉のような友人が、「なんだか夢のようね、ねちゃんに間に合うといいのに〜。」とLINEをくださったのがとてもタイムリーで、来たる11/6にあーちゃんが宮崎先生と対談されることをお伝えしました。 親方の…

去勢はハッピー

続きはこちら。loveofcats.hatenablog.com loveofcats.hatenablog.com 不妊(去勢、避妊)手術は自然に反するからしないという方もいるでしょう。 それが可能な暮らしならもちろんそれで構わないですよね。 でも大抵のお家は、不妊手術した子と暮らしている…

きーちゃんが去勢した時のこと

お暑うございます。 転職した親方にとっては長い試練の子供達の夏休みシーズンに突入〜。 ということで、職場で使う塗り絵を自作したりしてるもんで、塗り絵してる間にキーちゃんが去勢した時のことを思い出話しておきます。 キャラ塗り絵を凌駕するイカとタ…

誰かに合っている療法が自分に合うとは限らない

ブロ友ちゃんのブログを読んで、ウンウンと思って書きます。 タイトルそのまんまです。 誰さんがいいと言ったから自分もやってみたりするのはいいと思うけど、それが自分に合うとは限らない。 一人一人体質も違うし、その症状の原因も違うかもしれない訳で。…

1日1%の変化でいい

かなり調子の悪いことが続いたり、命には関わらないけど治るかわからない病気や、なかなかよくならない怪我なんぞに見舞われると、どうしたって辛いから、一日も早い快方を目指してなんとか必死になってあれこれあれこれ試してみたり、「あーちょっと良くな…

新芽療法(ジェモセラピー)で元気になろう

整体の先生が今度取り入れるとおっしゃっていた新芽療法(ジェモセラピー)。 なんぞやについてはこちらのサイト等でご確認下さいませ。 ジェモセラピーとは 植物の成長のもとである「新芽」にふくまれる「植物幹細胞」の成分を自然な状態で一滴一滴ていねい…

シニア猫さん必見! 甲状腺機能亢進症に低ヨウ素フード2021

まずはオークどうぶつ病院さんHPより転載させていただきます。 猫の甲状腺機能亢進症について高齢猫で気をつける病気として、甲状腺機能亢進症があります。甲状腺機能亢進症は、のどの下にある甲状腺という臓器から甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病態を言…

強く信じてこそ希望は叶う

親方の好きなドラマのセリフに、「ただ願うだけでは欲望と同じ。強く信じてこそ希望は叶う」という一節がありました(ついでに言うと、その願いがただの利己的な欲望の場合は、叶えてもらえないと思っておきましょう)。 信じる力って強いですからね。 ただ…

祝生誕250年ベー様のお弟子のツェルニー先生は猫を伴侶としていたお話

ベー様とはもちろんベートーベン様のことです。 偏屈で気難しく(というか気分の波ありで、ご機嫌な時はご機嫌だったようですし、恋多き男ってことはそうそう偏屈一辺倒ばかりでもなかったとはおもいまふ。とはいえお若い時から難聴で人との会話を避けたり、…

お医者さん選びがいかに大事か おまけエクササイズあり

みなさまの猫さんリバースにまつわるいろんなお祝いを教えていただきましたが、今日もエクササイズを最後におつけしましたよ。 ***** 親方の人生の履歴において、整形外科はレントゲンにうつらないことに関しては案外テキトー(失敬失敬)というか、様…

キーちゃんの生き方を振り返る

我が家にはキーちゃんという、愛しくて愛しくて強くて立派でスーパーハンサムな茶トラの男の子がいました。 ほとんどの獣医さんが診断できないキーちゃんの珍しい病気を認知していただく一助にとブログを始めてから数年が経ちましたので、ここらで一度キーち…

キビコレ再び 〜続・胃ろうチューブ用お洋服コレクション

以前掲載したキビコレはこちら↓loveofcats.hatenablog.com 前々からキーちゃんのお洋服姿があまりにも可愛いってことでお洋服コレクション続編をリクエストされておりました。 はい、ようやくその2でございます。 その前にその1も復習してね♬ まあ、持って…

人生には二つの道がある 〜全てが奇跡だと思いながら生きる

とある韓流ドラマで 人生には2つの道がある。 一つは、奇跡など起きるはずがないと思って暮らす人生、 もう一つは、全てが奇跡だと思いながら生きる人生・・・ という言葉がありました。 これって多分、アインシュタイン博士の名言から来てるのかなって思い…

体温が一度上がると免疫力30%UP! 紫イペでニャン類の偉大なる第一歩!!

在宅ワークで目が死んでいる親方でございます。 さて、一般に、体温が一度上がると免疫力が30%UPするとか、代謝が12%上がるとかそういう情報が溢れていますよね。 その数字が本当かどうかはわかりませんが、でも体温が上がると健康になるっていうのは昔から…

之を楽しむ者に如かず  闘病エール編

之(これ)を知る者は之を好む者に如(し)かず。之を好む者は之を楽しむ者に如かず。 わーお、のっけからビジネスマン向けのブログみたい 「論語」に収められた孔子先生のお言葉。 どんなに物事を理解して知ってても、それを好んでいる人には及ばないよ、そ…

キーちゃんがグッバイまたねと去って行ったあの日から5年後の世界 〜後編

loveofcats.hatenablog.com どこもかしこも567の余波を受けない世界、家、職業はないこんにち。親方の職場もご多分にもれず振り回されっぱなしです(ちょうど先週から事件も重なっていたので余計大変でした)。 テレワークから戻ってきた皆さんで、時差通勤…

免疫力を上げる生き方、上げる性格、 感染症予防もね

はい、わが職場も例に漏れず、コロナ対応に追われて忙しー。 しかしあれですよ。 ニュースやワイドショーばっかり見てたら、絶対病みますよね。 そういうとこで情報を必死に集めてらっしゃる方は、煽られたがりさんですね。 挙句トイレットペーパーまで買い…

WHOからのお知らせ、うちの動物家族は新型コロナウィルスをうつすのか? 〜肝は腸活!

土曜の夜の帰りのホームや電車がやたらめったら空いていたり、挙句に日曜の東京駅や丸ビルが驚くほど空いていたり、スーパーのマスクだけではなく新型肺炎の影響をそこかしこで感じられる昨今。 なんたって日曜の丸ビルが空いてるんですよ!(基準がわからな…

線維肉腫について。いのちについて。うーちゃん後編

前回はこちら。 loveofcats.hatenablog.com 交渉成立後のうーちゃん、カラーもチューブも何もない状態は非常に快適で、晴れ晴れとご機嫌に、ねこねこ自由ライフを満喫されていたそうです。 そんなうーちゃんの線維肉腫という病気について、少しでも多くの方…

うーちゃん、旅立ち前の10日間は奇跡のかたまり 前編

Hさんからヒーリングのご依頼をいただいたとき、うーちゃんは11歳。 とてもしっかりした大人のハンサムガイさんという印象でした。 うーちゃんは2011年に水腎症で片腎を摘出、2018年には線維肉腫を発症しながらも、人間家族さんのご尽力もあり、うーちゃん自…

まるで病気にならないと悪いみたい・・・? 〜ポーポーで生きる

親方の座右の銘のトップに『活潑潑(かつぱつぱつもしくはかっぱつはつ、中国語ではポーポーという)』が加わりました。 イキのいいお魚ちゃんのようにピチピチした心身で生きること。それは最強なんざます。 ブログもますますポーポーで行きましてよ。 と言…

続:ターさんとKちゃん 〜あーちゃんによるセッション「こんな姿になってごめん、でも愛してるんだ」

前回はこちら。 loveofcats.hatenablog.com ターさんは、チュールだけはかろうじて少しずつ舐めることができていましたが、脱水を補うためにご自宅で点滴をしてもらっていました。 獣医のT先生のアドバイスに背中を押され、Kちゃんは酸素室も準備することに…

愛しのターさん❤️愛しのKちゃん 〜美しい友情は永遠に。

*ブログ&インスタにご訪問くださる皆様、いつもありがとうございます。 親方は二週に一回振休もなく休日出勤させらているような状態で、時間の余裕がございません。お時間あるときにゆるゆるご訪問させていただきまーす。 さて。 今回は・・・。 以前一度ご…

ガンに紫イペを!  ガンだけでなく様々な効能を持つ「神の木」

あーちゃんに「紫イペ知ってる?」って聞かれて、オォ、知ってましたよ! 知ってましたんですけど、すっかり忘れてました!す、すみませーん。 てことで、今掲載しておきます。 親方が知ったのは、数年前。 その頃はブログも何にもしてないから、すっかり忘…

悪性腫瘍選択肢3 緩和ケア 〜看取りに向けて

選択肢その3は、ガンそのものとは積極的に闘わない、なんとか楽にしてあげながら看取る、という緩和ケアです。 だんだん食欲がなくなってご飯の摂取量が落ちてきたら、人間は心配してなんとか食べてもらいたい、食べてもらわないと病に打ち勝てないと思って…

悪性腫瘍選択肢2 代替療法、自然療法

放射線や手術、抗がん剤以外の選択肢として、人間同様、動物にも補完代替療法がある時代になりました。 うだうだここで書くより、例えばこんな、って感じで獣医さんのサイト貼っときます。 *ガンの種類によって施せない治療もあります。 統合医療 | 幕張ど…

お鼻に悪性腫瘍が出来た時の治療の選択肢 1

loveofcats.hatenablog.com 病気の子には時間がないので、できるだけサクサク更新したいと思っています。 人間も動物もガンになります。 動物はガンにならなくてもいいのにって常々思いますが、現代の環境やフード問題もあるでしょうし、医療の進歩や室内飼…

その鼻づまり、本当に慢性鼻炎か。鼻血が出たら早めの検査もアリ

猫のお鼻問題は、検査も治療も本当に難しいのです。 なぜなら。 loveofcats.hatenablog.com loveofcats.hatenablog.com という訳です。あら手抜き? では、かいつまんで書きますと、 1、猫の鼻はとても小さいので、専用の器具が街の獣医さんにはない。 2、…

ぴんのすけくんとNちゃんその3 〜できているところを見てね

loveofcats.hatenablog.com loveofcats.hatenablog.com ぴんのすけくんは低空飛行が日常ではありましたが、ご飯も食べ、よく遊び、よく眠り、大好きなママと一緒にいる時間を満喫していました。 しかし、今年の春くらいかな、鼻血が以前より出るようになりま…

ぴんのすけくんとNちゃんその2 〜通院について猫さんが思うこと。そして信じるとは。

(最初にお断りしておきますが、途中で切りたくなかったので長いです。) NちゃんはそもそもACに特段関心があった訳でもなく、親方ブログでもキーちゃんのところ以外はACについて読まれていた訳でもなく、なのでなんだかよくわからないんだけど、なぜかなぜ…