Love of Cats 猫たちからのギフト

猫の難病、闘病、健康、フード、自然のサプリなどのアニマルケア、時々お馬&磯の魚たち

自然薬・自然のサプリ・お役立ち

なんとか療法とかサプリは、体調が改善されたら減らしたりやめるところまでいって完成

って、お師匠が言ってました。 まったくです。 人はサプリとかなんとか療法とかで、始めた時には調子が良くなったりして成功体験が起きるので、その後もずっとそれに頼ってしまう、もしくはやめるのが怖くなります。 でも、調子が悪いところを補うためのなん…

三七人参(田七人参)は消腫、肝臓、心臓、高血圧、婦人科疾患などなどに〜なにしろ別名「金不換」

親方の弟(分)がお仕事柄お酒の付き合いも多く、肝臓が棺桶に近づいてしまった時に、田七人参を飲んでV字回復をしたので、田七の凄さは知っていた。 セレブな弟なのに「お高いんですよ〜」って嘆いていたので、まあお高いんだろうな〜とも思っていた。 そん…

飲む点滴ってよく称される米麹の甘酒、猫が飲んでも大丈夫、飲まなくてももちろん大丈夫

数年前でしたかね、米麹の甘酒ブームの第一波が訪れたのは。 当時は炊飯器で作ったり買ったりしていました。 豆乳で割るのが好きで、職場のお昼がわりに持ってては、ペットボトルにツブツブが残らないように、上手に液体の量を調整して回しながら最後勢いで…

もぐさはエライ

お灸に使われるもぐさは、よもぎの葉っぱの裏の柔らかな綿毛が原材料なんですよね。 もぐさがよもぎなのは知ってても、その綿毛が材料って考えたことありませんでした。 製造過程の労力スギョイ。 高級なもぐさは浄化香にもなるので、こちらを使っています。…

心臓にはホーソーンベリー 〜人にも犬猫にもホーリーなエネルギー

はい、そのものズバリです。 親方周辺でも40,50代に入ると、だんだんとストレスやらホルモンバランスの変化やらで、ハートの調子を崩される方が散見されます。 心臓は命に関わるので、症状がひどいなと思ったらまず受診。 様子見とか命には関わりませんと言…

リュクスすぎる猫ブランド CHATON誕生♬(加筆あり⭐️)

親方のインスタで「可愛すぎるTシャツ」「天使すぎるTシャツ」「姫すぎるTシャツ」と話題沸騰!?の件、お問い合わせが殺到する前にご紹介しておきます あーちゃんのお家で初めて再会してより(日本語おかしいですね、フフフのフ)仲良くしてもろてる、美人…

整腸の発展段階 〜下痢に備える

ねちゃんはうちに来てからかなり長い間軟便太郎でした。 お外期間が長かったので腸内環境がめためただったんでしょうね。 ジアルジア氏は薬でおちたけど、とにかくお腹に合うドライフードがない。 唯二くらいであまりお腹が緩まないフードに出会っても、味が…

フードの小分けに便利なパウチ袋

ネちゃんはカリカリをいつも最低三種類はあげているので、フードが酸化しないように小分けにして冷凍しているのですが、以前はジップロック的な袋で小分けしていましたが、最近愛用しているのがこんな感じのこれ。 百均で売っているアルミ?ラミ?パウチ袋。…

動物のお薬は、ほとんどが人間のお薬と同じだぉ

2017年12月の記事です。 コピペしたら明朝体になっちゃったわ。 ********************* また真面目な話かい エビオスもビオフェルミンも「お薬」っていうより、菌だったり酵母だったりがメインで、子供がおやつに食べてもいいものなの…

正気を強くすると邪気は活動でけない

え?正気?私正気なんて失いっぱなしですけど、と愛猫を前に思った方、はい、それは正解。 愛猫を前に正気を保てる人なんておりません。 お爺ちゃんが正気を失い手元が狂ってピンボケです これは「しょうき」ではなく「せいき」と読みまする。 東洋医学では…

体温が一度上がると免疫力30%UP! 紫イペでニャン類の偉大なる第一歩!!

在宅ワークで目が死んでいる親方でございます。 さて、一般に、体温が一度上がると免疫力が30%UPするとか、代謝が12%上がるとかそういう情報が溢れていますよね。 その数字が本当かどうかはわかりませんが、でも体温が上がると健康になるっていうのは昔から…

コロナのトゲトゲに水溶性リグニンがなんとかかんとかの紅芝泉

親方も在宅勤務となりはや幾日。 同僚の分まで働いてるのでとにかく忙しい。 でも通勤電車のストレスがないってこんなにも安心なのねっ!・・・て思った先から地元のスーパーで同時多発567発症〜。ぎゃ〜。 緊急事態宣言中はみなさまできる限り自粛要請に応…

闘病中の方に!紫イペの速攻性と効能がどうやらすさまじそうな件

loveofcats.hatenablog.com こちらでご紹介した紫イペ。 獣医のT先生の愛猫蒼くん(3月で20才!!)の耳道に腫瘍ができ出血されているとのことで、紫イペをお勧めしましたところ、なんと!! 2回カプセルを飲ませただけで、耳からせり出して血だらけになっ…

東京都獣医師会からのお知らせ 〜ネオより、恋のススメ

ネオです。 おじいちゃんがバタバタしてるので、とりあえず僕が繋いどきます。 切り株のお兄ちゃんも言ってましたが、やっぱ免疫力をあげるのは恋が一番なんだって。 恋したら体温上がるだけでなく、ウッキウキでハートが全開になって免疫力はドバーッて上が…

免疫力を上げる生き方、上げる性格、 感染症予防もね

はい、わが職場も例に漏れず、コロナ対応に追われて忙しー。 しかしあれですよ。 ニュースやワイドショーばっかり見てたら、絶対病みますよね。 そういうとこで情報を必死に集めてらっしゃる方は、煽られたがりさんですね。 挙句トイレットペーパーまで買い…

板藍根、板藍茶でウィルス対策

日頃いかに中国の方が溢れていたかがわかる東京都内です(某各地が空いてる)。 そんなこんなのコロナ続きで、人間用のお役立ちをご紹介。 漢方の先生から教わりました。 板藍茶は「生薬の抗生物質」と言われるほど抗菌・抗ウィルス効果が高いそうで、インフ…

WHOからのお知らせ、うちの動物家族は新型コロナウィルスをうつすのか? 〜肝は腸活!

土曜の夜の帰りのホームや電車がやたらめったら空いていたり、挙句に日曜の東京駅や丸ビルが驚くほど空いていたり、スーパーのマスクだけではなく新型肺炎の影響をそこかしこで感じられる昨今。 なんたって日曜の丸ビルが空いてるんですよ!(基準がわからな…

猫が舐めても安全な馬油を手にも顔にも。

この時期は手にも顔にも馬油を塗りたくる親方です。 ねちゃんがペロペロ舐めてくれるという愛のおまけもついてきます♬ カルテット風に言えば、「センキューバーユ」(旧い?最近再放送みたもんで)。 以下、2019.2.1の記事を再掲です。 猫飼いさんの中には、…

お猫様に安全な防虫防カビ対策。押入れ、クローゼットに漢方敷 〜 海洋汚染にもね!

以前こちらで記事にしたクローゼットや押入れの、猫様に安全な虫除け。 loveofcats.hatenablog.com 天然木でも結構精油成分のかほりが強かったりして、お猫様以前にかほりに敏感な親方がクラクラしたものもありました。 さらに心地よくも効果の高い何かはな…

ガンに紫イペを!  ガンだけでなく様々な効能を持つ「神の木」

あーちゃんに「紫イペ知ってる?」って聞かれて、オォ、知ってましたよ! 知ってましたんですけど、すっかり忘れてました!す、すみませーん。 てことで、今掲載しておきます。 親方が知ったのは、数年前。 その頃はブログも何にもしてないから、すっかり忘…

おハゲ治りました 〜マコモの前にココナッツオイル塗るのもいいって、うちではしてないけどね

ねちゃんのおハゲ、マコモ導入前は進展見られず、むしろ進行していたのですが、マコモ導入後、あっという間に気づいたら毛が生えてました! まばらに毛が生えてるな〜と思った数日後には相当しっかり生えてました。 驚きの回復力! さすがねちゃん。結果を出…

マコモの活躍に期待する 〜皮膚トラブルの方必見、腸活、腫瘍、血圧、糖代謝など

今日のテーマはマコモ大先生です。 マコモといえば神社のしめ縄でおなじみではないでしょうか(ちなみに出雲大社はマコモ、伊勢神宮は麻だそうですね)。 古来から、その半端ない浄化力は知られていたのでしょう。 近年では、渡り鳥がマコモをくちばしでつい…

最期を看取る 〜死と向き合う

動物たちの健康維持に、あるいは病と共に生きている子にとっても、もはや基本アイテムとなっている感のある親方推奨(!?)バランスアルファ。 毎月届くニュースレターは、腸内環境のイロハがくどい程に学べて(笑)重宝しております。 そんな中、バランス…

ガンや炎症、様々な疾患に強いらしい紅豆杉 続編

最近病気の子のお問い合わせが増えております。 こちらの記事でご紹介した紅豆杉⇩ loveofcats.hatenablog.com 親方がどうのこうのいうより、てっとり早いので、紅豆杉についてきたチラシを載っけます、手抜きです、らくするです。 気になる方はご参照くださ…

メラノーマを選んだバンくん、お疲れ様でした 〜腎臓、歯周病、膀胱炎や結石などにスーパーP 

キーちゃんと一番最初にお話ししてくださったみゆさんの愛犬バンくんは、メラノーマというとても進行の早いガンになってしまいました。 バンくんの年齢を考えても、自然療法で臨むことにしたみゆねーね。 それはそれは献身的な看護が続く中、みゆさんの心労…

腎不全の数値が1週間で一気に改善したシャーくんは家族のかすがい

Sさんからシャーくんへのヒーリングをご依頼を頂いた時、シャーくんはかなり重篤そうでした。 食事はほぼ食べることができず、一日中ぐったりと寝ている状態で、お医者さんに「いつ死んでもおかしくない」と宣告されてしまったシャーくん。 Cre: 11.61 (正…

すごいかもしれない紅豆杉 〜ガン、リウマチ、肝臓、花粉症、などなど

汰助くんのお姉ちゃんでもあるお友達の獣医さんT先生のワンちゃんのお耳の腫瘤が、なんと紅豆杉を用いてから2ヶ月で消えちゃいました! item.rakuten.co.jp お耳に腫瘤を発見してから、飲用水にも用い、ご飯にもかけ、あとはピピピって天啓を受け、直接お耳…

ネオのトラウマ、踏み絵のトライアル

あーちゃんがこちらでご紹介されていた踏み絵のお話。iwatsuasaka.blog.fc2.com お代官様に「ホーレホレ、これを踏むのじゃ、ホレ、どーした、踏めぬのか」と迫られても、「はい!ガンガン踏めちゃいまーす!!」って思いっきり踏みしだいていい踏み絵です。…

カラダを温める 〜 玄米・コンニャク・びわ

シニアの子、病気の子は特に体が冷えがちのようです。 また関節などが痛い子や熱に弱い腫瘍の子にも、体を温めてあげることは良いことですね。 ここでご紹介した玄米カイロもとても気持ち良い湿熱です。 loveofcats.hatenablog.com そして先人の知恵、コンニ…

ネオの腸活! 〜 3強パウダーで便秘対策

ネオといえば、ゆるフン当たり前の男でした。 3日と普通の便が続くことなく、下痢しない時でも、日常的に末端軟便&粘膜便、フードによっては血便。 お腹にあうフードを探すのも大変でした。 でも日々の腸活のおかげで、軟便生活は2年くらい(だったかな?)…