Love of Cats 猫たちからのギフト

猫の難病、闘病、健康、フード、自然のサプリなどのアニマルケア、時々お馬&磯の魚たち

チョッちゃん

あーちゃん、天使さんを派遣してくれる

先日のブログでもちょっと予告しましたが、チョっちゃんの旅立ちに際し、なんとあーちゃんが天使さんを派遣してくれましたのです 常日頃、あーちゃんはチョっちゃんをチョ刑事(デカ)と呼んで可愛がってくれました(デカの由来は割愛)。 チョ刑事の急変を…

弔問

翌日の日曜日は、子猫ハルくんのお届け日でした。 loveofcats.hatenablog.com 逝く命あれば生まれる命あり。 命は巡るんですよね。 ピチピチとこれから人生が展開していく弾けんばかりの若いエネルギーに目を細め、久々に会えた心の友夫婦に癒された後、さて…

さらば愛しき猫よ その2

翌朝。 チョの具合を尋ねると、ずっと苦しそうに起きていたそうで、飲んだスープも吐いてしまっていたとのこと。 親方が帰った後から、どんどん具合は悪くなって行ってしまったそうで、胸が苦しい 生きるってことはさぁ、 厳しい局面が続くものの、夜中に苦…

さらば愛しき猫よ その1

前回の続きです。 loveofcats.hatenablog.com 朝起きてスマホを確認しては、チョさんが生きていてくれているのでホッとし、電車でもチョさんが具合悪いながらも落ち着いているのを確認しつつの旅。 チョさんは洗面所&お風呂場で待っていてくれました。 具合…

親方、チョっちゃんに会いに行く 

いつか来るとはわかっていても、覚悟をしていても、いざその時が来ると寂しい、切ない、悲しい、つらいのが人間の常。 この春は、高齢の子の旅立ちが親方の周りでもちらりほらりと。 どんなに一緒にいてもいたりることはないけど、高齢ってだけ覚悟はしやす…

チョさん、危篤を乗り越える

チョさんは高齢になり、一時は7キロ近くあった体重も徐々に減って来ました。 この数年は、高齢猫恒例の腎臓・甲状腺問題はそれなりにあったのですが、去年の八月にご飯が食べられなくなってしまいました。 気持ち悪いのかお口をくちゃくちゃしたりして、歯…

チョさま、猫又になる

高齢のお猫様と暮らされている方々はご存知かとも思いますが、お年を召されるとお猫様は今までの行動や嗜好、性格などが変わってくるらしいですよね。 もしかしたらそれは、おしっぽが二股に分かれてきている証なのやも・・・ チョさまも、なんだか怪しいら…

ネオについて。キーちゃんより

前回の続きです。 loveofcats.hatenablog.com キーちゃんにせっかく出て来てもらったので(!?)この機会を逃すまじと、ねちゃんについて何か言えることがあればよろしくとおねだりしました。 ネオはいい子だよ。 (知ってるよ❤︎) ネオは黄金の光だよ。 ネ…

翻訳アプリ、ねちゃんによる検証

親方スマホ変えたにつき、デジタル飽和中。 なんて、更新頻度の低いことを遠回しに言い訳してます。 それにしてもスマホってなんで変えるたびに使いにくくなるんですか。 でも変えたおかげで、猫語翻訳アプリを入れることができました。 ねちゃんが甘えて、…

猫語翻訳アプリが面白すぎる件

鴻池 剛 on Twitter: "猫語翻訳やってみたけど猫ってこんな感じだっけ… " で使われていた翻訳アプリをシスが早速チョ様に使ってみた。 レジ袋でゴロゴロしてる時のチョ様は、 ねえねえ 明け方にお腹が空いてシスを起こしまくってる時は、 おい そしてシスが…

チョさまのぼやき

チョさまもだいぶ高齢になって、ちょっと調子を落としていたことがありました。 でも今は爆食爆飲爆シッコでもモリモリ。 チョさまはいつまでも現役なので、シッコをするときはお尻がだんだん上がっていき壁へ放水するにつき、トイレの周りにはペットシーツ…

お母さんがよくこうしてくれたの

親方は冷房が苦手です。お猫様と一緒です。 家では冷房をつけることがほぼありません。 今年の夏は一回、数時間つけただけで終わったので、去年やその前の酷暑と比べると我が町の気温はマシだったのかしら。 ねちゃんもあんな毛皮を着てるけど、自然児なので…

チョさまがLINEスタンプにトランプだと認識された話(新作登場)

loveofcats.hatenablog.com こちらで予告をしていたチームおいなりの茶トラスタンプ「茶トランプ」、諸般の事情で中断していたら、あっという間に2年経っていました! たーさんに笑われたわ チョランプ大統領はまだまだ現役なれど、盟友トランプも退陣して…

シニア猫さん必見! 甲状腺機能亢進症に低ヨウ素フード2021

まずはオークどうぶつ病院さんHPより転載させていただきます。 猫の甲状腺機能亢進症について高齢猫で気をつける病気として、甲状腺機能亢進症があります。甲状腺機能亢進症は、のどの下にある甲状腺という臓器から甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病態を言…

帰ってきたかわい子ちゃん

前回はこちら(2019年12月)。 loveofcats.hatenablog.com ちょさまと通りすがりのかわい子ちゃんがバッティング。 ねぇ、ねぇ、おいたん だいとうりょおしてるってほんと? (お猫様がそばにいる時は閲覧注意。猫の鳴き声が出ます) www.instagram.com (後…

三角関係やら弱肉強食やら、チョ様のお庭は忙しい

チョ様のお庭で毎年鳩夫妻が子育てしますが、昨年はヒヨドリ夫妻も子育てに参戦。 この庭ではヒヨ夫妻の三角関係も繰り広げられたりで、チョ様もお庭番の楽しみが尽きませんね(楽しんでるのは大統領補佐官のシスですけど)。 仲睦まじいヒヨ夫妻を、シスは…

休刊間近!ニャシントンポスト年末号、いよいよ見納めかもね

早いもので、今年もこの季節がやってまいりました。 振り返れば、今年で4回目となるニャシントンポスト。 第一回目ははこちら。 第2回目。 第三回。 そして本年は・・・ チョ様の盟友トランプには厳しい結果と相成りましたが、チョランプ大統領は相変わらず…

猫の知覚過敏 〜背中がゾワゾワピクピク波打ったり・・・

チョッちゃん、少し前から背中の一部を触ると嫌がったり、触らなくてもゾワゾワピクピク波打つように痙攣するってシスが言いました。 こうした症状、ヒーリングをご依頼いただく猫さんにもいらっしゃいますし、ネちゃんも以前は時々出てました。 今回チョッ…

ちょっと!って訴えてきたチョさん

以前、シスの家の庭にチューチューねずこさんが現れるようになりました。 どうやら隣のお家の物置にお住いのご様子で、シス家の庭にはゆずやら球根やら食べ放題の要素が豊富にあったので、シス家が食事処となってしまったようなんです。 ねずこさん一家を目…

チョ様は気ぃ遣い

前記事のお灸のお話、補足しますと、動物さんは皮膚も薄いし毛も燃えちゃうから、温灸には温灸器や棒灸、湿熱カイロ(玄米カイロやコンニャクシップなど)で大丈夫です。 くれぐれも低温やけどや火の取り扱いに気をつけてくだされね。 あとは東洋医学をされ…

忙しい時はこのお方にお願いする

親方が忙しくて、書くことはおろか、はてなをなかなか開くことがございません〜。 そんなわけで、チョッちゃんの中継でお茶を濁します。 チョッちゃん、今何してんの? ヅラ選びだよ 換毛期だからヅラが選び放題のようですわ。 ちなみにねちゃんは、親方が家…

二次元アプリでチョさんをアニメ化。西洋絵画風もできるよ

ニクキューちゃんに教えてもろたサイトで二次元アニメを作ってみました。 ニクキューちゃん、早速真似して遊んだよ〜♬ ニャンコとかオンマとかは基本読み取れないみたいだけど、たまに読み取れることがあって、チョさんだけはでけた。 ヅラなしバージョン 友…

親方オンライン帰省をするの巻

先ほど、仕事の合間にオンライン帰省なるものをしてみた。 もともとビデオ通話するつもりはなかったので、お化粧もしてないし、髪もボーボーさ(美容院自粛しているので落ち武者状態)。 したらシスが、ビデオじゃなくていいの?っていうからビデオに切り替…

チョランプ大統領、全世界のために力強く祈ります。

みなさまごきげん麗しう。チョランプ大統領です。 盟友トランプが米国民へ演説をしていたので、私も彼に倣って、全世界のために演説したいと思います。 われわれはいまだかつてない戦いに挑んでいます。勇敢な医師、看護師、初期対応者を含め、これに対応す…

チョッちゃんに見習う #ステイホーム 満喫術

#ステイホームで運動不足になったり、そしてメンタルにストレスを溜めないためには、動物家族をお手本にしたら良いですね。 本日のお師匠様は我らが大統領です。 loveofcats.hatenablog.com 心得その1 猫の出ているテレビは真剣に見よ 心得その2 いかなる…

ちょっちゃんのPVがすごい件 グーグルさん天才、されどAI敗れたり

スマホの写真データのバックアップでauクラウドがイマイチあてにならんので、シスがGoogleフォトに預けたら、勝手にチョさまのアニメーションとかあれこれ送りつけてくるのが面白いので、親方もGoogleさんに預けることにしました。 Googleフォトユーザーには…

今いる場所で最善を尽くせばいい 

某ドラマの中で、過去にタイムトラベルした主人公が、どうにも元いた場所に戻れず、途方に暮れてこう言いました。 「道を失った感じで、どこに行けば良いのかわからない。」 すると、自分も同じ身の上で、唯一主人公の状況を知っている「その世界での先輩」…

3年連続!ニャシントンポスト2019が届いたよ! そして年末のご挨拶

ネオです。 お判りの方もいましたが、はい、前掲のクリスマスカードは、おじいちゃんが15、6歳の時の作品だそうです。 おじいちゃんは自分で描いたのを忘れていて、シスから送られてきた時、少女シスが描いたと思って「シス天才!」ってコメントしてました(…

ちょっちゃんとかわい子ちゃん

今日はかわいいだけの記事です、あしからず。 ちょさまと通りすがりのかわい子ちゃんがバッティング。 ねぇ、ねぇ、おいたん だいとうりょおしてるってほんと? (お猫様がそばにいる時は閲覧注意。猫の鳴き声が出ます) www.instagram.com (後半、耳をすま…

ちょっちゃん、おうち記念日9周年が過ぎました!

我らが大統領ちょっちゃんは、先日、おうち記念日9周年を迎えました。 ちょさまがシスのお家に流れ着いた頃はすでに5歳くらいだったので、もはやお外愛は止めようもなく、お家猫さんといえどもリードつけてお外にもよく出ています。 ってかしょっちゅう出て…