Love of Cats 猫たちからのギフト

猫の難病、闘病、健康、フード、自然のサプリなどのアニマルケア、時々お馬&磯の魚たち

難病 闘病

続:ターさんとKちゃん 〜あーちゃんによるセッション「こんな姿になってごめん、でも愛してるんだ」

前回はこちら。 loveofcats.hatenablog.com ターさんは、チュールだけはかろうじて少しずつ舐めることができていましたが、脱水を補うためにご自宅で点滴をしてもらっていました。 獣医のT先生のアドバイスに背中を押され、Kちゃんは酸素室も準備することに…

愛しのターさん❤️愛しのKちゃん 〜美しい友情は永遠に。

*ブログ&インスタにご訪問くださる皆様、いつもありがとうございます。 親方は二週に一回振休もなく休日出勤させらているような状態で、時間の余裕がございません。お時間あるときにゆるゆるご訪問させていただきまーす。 さて。 今回は・・・。 以前一度ご…

ガンに紫イペを!  ガンだけでなく様々な効能を持つ「神の木」

あーちゃんに「紫イペ知ってる?」って聞かれて、オォ、知ってましたよ! 知ってましたんですけど、すっかり忘れてました!す、すみませーん。 てことで、今掲載しておきます。 親方が知ったのは、数年前。 その頃はブログも何にもしてないから、すっかり忘…

悪性腫瘍選択肢3 緩和ケア 〜看取りに向けて

選択肢その3は、ガンそのものとは積極的に闘わない、なんとか楽にしてあげながら看取る、という緩和ケアです。 だんだん食欲がなくなってご飯の摂取量が落ちてきたら、人間は心配してなんとか食べてもらいたい、食べてもらわないと病に打ち勝てないと思って…

悪性腫瘍選択肢2 代替療法、自然療法

放射線や手術、抗がん剤以外の選択肢として、人間同様、動物にも補完代替療法がある時代になりました。 うだうだここで書くより、例えばこんな、って感じで獣医さんのサイト貼っときます。 *ガンの種類によって施せない治療もあります。 統合医療 | 幕張ど…

お鼻に悪性腫瘍が出来た時の治療の選択肢 1

loveofcats.hatenablog.com 病気の子には時間がないので、できるだけサクサク更新したいと思っています。 人間も動物もガンになります。 動物はガンにならなくてもいいのにって常々思いますが、現代の環境やフード問題もあるでしょうし、医療の進歩や室内飼…

その鼻づまり、本当に慢性鼻炎か。鼻血が出たら早めの検査もアリ

猫のお鼻問題は、検査も治療も本当に難しいのです。 なぜなら。 loveofcats.hatenablog.com loveofcats.hatenablog.com という訳です。あら手抜き? では、かいつまんで書きますと、 1、猫の鼻はとても小さいので、専用の器具が街の獣医さんにはない。 2、…

ぴんのすけくんとNちゃんその3 〜できているところを見てね

loveofcats.hatenablog.com loveofcats.hatenablog.com ぴんのすけくんは低空飛行が日常ではありましたが、ご飯も食べ、よく遊び、よく眠り、大好きなママと一緒にいる時間を満喫していました。 しかし、今年の春くらいかな、鼻血が以前より出るようになりま…

ぴんのすけくんとNちゃんその2 〜通院について猫さんが思うこと。そして信じるとは。

(最初にお断りしておきますが、途中で切りたくなかったので長いです。) NちゃんはそもそもACに特段関心があった訳でもなく、親方ブログでもキーちゃんのところ以外はACについて読まれていた訳でもなく、なのでなんだかよくわからないんだけど、なぜかなぜ…

病気の総合商社ぴんのすけくんとNちゃん その1 〜肉体が苦しんでいても魂は健全

昨年の11月に初めてご連絡をいただいてからのお付き合いになるぴんのすけくんとNちゃん。 壮大で膨大でどこをどうご紹介しようかなと思ったり、ぴんさんの状況も変わってきたりで、およそ一年越しのご掲載と相成りましたが、お二人の絆や強さのお話を。 僕と…

病気の発生源をキーちゃんに訊いてみたところ・・・

結構前のお話。 タイトルだけ下書きに入ったままなかなか書き進める時間がなく、時は秋へと変わりました。 親方がこのブログを細々と続けている理由はいくつかありますが、最大の理由の一つ(海外っぽい言い回し笑、最大とかベストが複数あるって日本にはな…

猫に必要な一日当たりの水分量知ってます? 〜足りていない子の多さよ・・・

猫さんは腎臓が弱い生き物。尿路系のトラブルも多い。 何せ元が砂漠生まれなので、あまりお水を飲まない子も多いもんでね。 キーちゃんのシッコは病院史上初の濃さを誇っておりました(胃ろうで水分が行き渡るまで)。 loveofcats.hatenablog.com loveofcats…

マコモの活躍に期待する 〜皮膚トラブルの方必見、腸活、腫瘍、血圧、糖代謝など

今日のテーマはマコモ大先生です。 マコモといえば神社のしめ縄でおなじみではないでしょうか(ちなみに出雲大社はマコモ、伊勢神宮は麻だそうですね)。 古来から、その半端ない浄化力は知られていたのでしょう。 近年では、渡り鳥がマコモをくちばしでつい…

最期を看取る 〜死と向き合う

動物たちの健康維持に、あるいは病と共に生きている子にとっても、もはや基本アイテムとなっている感のある親方推奨(!?)バランスアルファ。 毎月届くニュースレターは、腸内環境のイロハがくどい程に学べて(笑)重宝しております。 そんな中、バランス…

ガンや炎症、様々な疾患に強いらしい紅豆杉 続編

最近病気の子のお問い合わせが増えております。 こちらの記事でご紹介した紅豆杉⇩ loveofcats.hatenablog.com 親方がどうのこうのいうより、てっとり早いので、紅豆杉についてきたチラシを載っけます、手抜きです、らくするです。 気になる方はご参照くださ…

楓くん版、いのちについて

T先生のおうちの楓くんは、オン年およそ17歳。 お年なりに腎臓の数値も悪くなってはいたけれど、ごはんが大好きで大好きで(いいこと!)❤️ 丸顔の、サイコーに好みのお顔をしたマイペースな男子です。 おいらのこと? そんな楓くんにも、いのちについてお聞…

腎不全の数値が1週間で一気に改善したシャーくんは家族のかすがい

Sさんからシャーくんへのヒーリングをご依頼を頂いた時、シャーくんはかなり重篤そうでした。 食事はほぼ食べることができず、一日中ぐったりと寝ている状態で、お医者さんに「いつ死んでもおかしくない」と宣告されてしまったシャーくん。 Cre: 11.61 (正…

猫の保険問題

こちらでsuzumeさんがすずめさんとむくさんのペット保険事情を書かれていたので思い出しましたがwww.suzumeneko1.com どこかで書いたつもりで書いてなかったかもなので、親方家の保険事情をお話しします。ってほどの大した事情はありません、中身の薄い記事…

すごいかもしれない紅豆杉 〜ガン、リウマチ、肝臓、花粉症、などなど

汰助くんのお姉ちゃんでもあるお友達の獣医さんT先生のワンちゃんのお耳の腫瘤が、なんと紅豆杉を用いてから2ヶ月で消えちゃいました! item.rakuten.co.jp お耳に腫瘤を発見してから、飲用水にも用い、ご飯にもかけ、あとはピピピって天啓を受け、直接お耳…

看病させてくれてありがとう!!

「もっと看病させて欲しかった」 病気発覚から割と早めに愛猫を送られた同僚の言葉です。 純血種で14歳以上でしたので、病気が何であれ立派にお命全うでの天晴れな旅立ちでした。 ただ人間サイドからしたら、少しでも長く一緒にいたかった、もっと面倒見させ…

あなたがいるから頑張れる、あなたがいなければ乗り越えられない

今日のエールはこちらloveofcats.hatenablog.com 大変な治療を頑張らないといけない時、何よりも頑張る励み、原動力になるのは、大好きな方への想いなのでしょう。 キーちゃんが、他界後に言ってくれたことがあります。 「爺ちゃんがいなければ頑張れなかっ…

未来から当時の2人に言えることはあるか

闘病中・共病中の方への応援歌を続けます。 キーちゃんと親方は楽しくも激しい濃密な旅をすでに終えておりますので、今の親方は、キーちゃんの病気の展開も顛末も全て知る万能の神状態です。 この神の視点から、これから闘病に向かう親方とキーちゃんに言え…

ある日世界が変わっても、この子は昨日と変わってない

ある日、我が愛する動物家族にトンデモ宣告が下されちゃったら・・・ 例えば、ただの鼻炎であるはずだったのに「こ、これは・・・デキモノです」と言われたら・・・ ポリープならとっちゃえば終わりだよのはずだったのに、腫瘍学会の最高峰たちの集うセンタ…

にぼしくんから、全編珠玉のアドバイス💌

ヒーリングをさせていただいていると、動物さんたちがパートナーの人間さんにとても深いメッセージや貴重なアドバイスとなることを伝えてきてくれることがあります。 にぼしくんもそんなお一人です。 私の叡智を分けて差し上げよう にぼしくんは、Sママさん…

動物たちもメタトロン受けられる病院増えてます

メタトロン、ついに受けてきました〜。 え、メタトロンって何ですかてっ方もいらっしゃると思うので、ざっとご説明しますと、 大天使の名前を冠したその機械は、元々はロシア(旧ソ連)の宇宙飛行士の健康管理のために開発され、米国FDAや欧州EUROCATなどで…

真夜中に、ネちゃんのお口からスポポーンッと・・・

大丈夫です! ネちゃんは我が家にお越しいただいてもうすぐ丸4年、虫はいません。 虫の話ではありませんので大丈夫です、ということを最初にお断り申しておきます。 「猫は吐く生き物」と当然のように言われますよね。 チョランプさんは吐く生き物です。 キ…

最高の男、キーちゃんが愛してくれた自分を誇りに思います 〜日にち薬は誰にでも平等に処方される

我が愛する子が病気になったり、または不慮の事故で他界すると、どうしても我が身を責める気持ちって出がちだと思うのです。 親方も、キーちゃんがとんでも病になった時、キーちゃんはうちに来なければこんな病気を発症しなかったのではないか、などと心痛め…

ネオはお預かりもの 〜キーちゃんとネオとわたし

タイトルが「部屋とワイシャツと親方♬」みたいですね♪ いきなりですが、キーちゃんはこの上なく大切で愛おしくかけがえのない宝物です。 僕と毛布と猫ベッド キーちゃんがこの世のケモジャ体を脱ぎ捨てた時、親方は神様に、この大事な大事なキーちゃんをお授…

カラダを温める 〜 玄米・コンニャク・びわ

シニアの子、病気の子は特に体が冷えがちのようです。 また関節などが痛い子や熱に弱い腫瘍の子にも、体を温めてあげることは良いことですね。 ここでご紹介した玄米カイロもとても気持ち良い湿熱です。 loveofcats.hatenablog.com そして先人の知恵、コンニ…

動物が旅立つ時 その3  〜平穏死 自然死 枯れるように眠るように逝く

前回にご掲載させていただいたTさんのお言葉は、何度読んでもキーちゃんの旅立ちを思い起こさせられてしまいます。 最期の穏やかな顔、生き様をみると、自然なままでよかったと思いました。 汰助に教えられました。 最期吐かなかったし。痙攣起きるかなあと…