Love of Cats 猫たちからのギフト

猫の難病、闘病、健康、フード、自然のサプリなどのアニマルケア、時々お馬&磯の魚たち

キーちゃんの爪、ネオの爪 〜 猫の巻き爪

猫さんの爪は切るものでなく、切らせていただくものですよね(笑)

 

子猫の爪は細く鋭いので、キーちゃんが小さい時は、親方の手の甲には常にカミソリで切ったような傷が出来てました。すさまじい程に。電車でつり革を持つのが憚られる程に。

なので、寝ている間にそーっと先端だけ切らせていただいたり(といっても、一度に2,3本が限度)・・・

f:id:chakibineo0316:20171105150230j:plain

熟睡してるように見えても、爪を狙ってるのは気づくのさ、だって猫だからね

 

病院行くことがあれば、爪も切ってくださいってお願いしてました。

でも病院ほど深く爪切っちゃうと、しばらく大好きな爪どぎポールによじ登れないんよね〜。

それが気の毒なので、爪ごとき、もう切らせていただかなくなりましたとも。

自然のままに!うちは猫ファーストの会!

 

キーちゃんの手足は細長かったけど、ネオの手足は太く短く、手の平もおっきい。爪もぶっとい。取れる爪のさやの大きいことったら。

キーちゃんが平気だった布カバーでも爪が引っかかるので、キーちゃんの運動会の防音対策で購入した冬の絨毯もやめました。留守中に爪がからまったら怖いもん。 

二人の爪サイズ比較。

f:id:chakibineo0316:20171116153356j:plain

f:id:chakibineo0316:20171116153515j:plain

ネオの方が身の丈はおチビなんですが、この太さ(笑)

 

ところで、猫さんも巻き爪になるって知ってました? いやいや、もともと巻いているしっ…て話は置いといて。

高齢の猫さんは爪が伸びますし、若くても体質で巻き爪になってしまう猫さんもいます。

巻き爪になるとプニプニ肉球が傷ついてしまいます。肉球に刺さってしまうとおーごとになります。病院に行くしか無くなります。それは切らせていただかないわけには参りません。

実は、ネオも一度そうなりかけたんです。

おそらく、病院に最初に行った時に切ってもらった際、爪の長さが不揃いになり、爪を研いでも研げない爪が出たらしく、左2本、右1本の爪のさやが外れなくなったのです。

他の爪はみんなちゃんとサイクルで外れているのに、その残された爪が日に日に肥大化していきました、オーマイガーです。心臓凍りそうです(オーゲサ)。

毎日爪切りを試みましたが、と言ってもうちに来たての頃なのでとにかく怖がりなもんで、安全地帯の爪とぎベッドに横たわってる時とかに、撫でながらこっそり爪の先だけでも、と狙うはものの、ハサミに気づいた瞬間に逃げるか体勢を変えるかで、つまり、とてもじゃないけど無理。

f:id:chakibineo0316:20171105150021j:plain

怖がりネオちん

 

そのうち外れるよって本人が言うけど、どんどん肉球を圧迫・・・

それがいつのまにか、ありがたいことに、1本また1本となんとか無事に外れて行ったのですが、最後の1本だけがどうしても外れない。肉球に食い込みつつある巨大な爪・・・

ついに主治医にメールで相談。

捕まえられない猫さんのためには、一服盛る(抗ヒスタミン剤で眠くならせる)という荒技もなくはないと。肉球が傷つく前に来てくださいと言われましたけども・・・一服盛るつもりはございませんで、んーどうしたものかーと、その夜帰宅したら・・・

薄暗がりの廊下に、何やら怪しく光るプラスチック片みたいなもの・・・

ややっ、これはもしや!

急いで明かりをつけると、おぉ、ものすごい大きさのさやが散乱しているではありませんか!

トイレダッシュでついに外れた模様です! 歓喜の祝杯です! シャンパン開けます!

本人はケロってして「だから言ったでしょ」って涼しい顔してましたけども…。

その巨大な爪、猫飼いお仲間に見せてまわったら、一同おっきすぎてびっくりしてくれました(笑)

 

その後は自然のサイクルに戻ったので、巻き爪になることはありません。体質でなくてしみじみよかったです。

だって、うちのネオさん、キャリーに入れられないんですもの。捕まえられないんですもの〜(涙)

 

f:id:chakibineo0316:20171105150105j:plain

来たての頃のネオちん。いつも怖かったよね

 

免疫力アップのために、完全無添加サプリ

親方がこのサプリに会うのは、キーちゃん発症後の話ですが、最近体調を崩される猫さんや、旅立つ猫さんが周りに多かったので、一足早くこちらのサプリメントをご紹介しておきます。

 

持って生まれた寿命とか、生まれながらの病気や遺伝とか、いついつにこの病気を発症しますって宿命的な計画みたいなものは、多少の時間の猶予をいただくことはあっても、食事やサプリや薬で変えられる話でもないのですが、それでもその家族が生きている限りは健康でいてもらいたいのは、猫飼いさんならず、愛する家族のいる方万人に共通する願いと思いますので、免疫力アップのためのお役立ちサプリをご紹介。

www.balance-alpha.com


例によっていっろいろ調べに調べて選んだ酵素のサプリです。余計なものが入っていないのが安心。

もともとはニンゲンのためのものですが、ペットちゃん達にもお役立ってくれますので、獣医さんでも使われていらっしゃる方も多いそうです。

サイトの中には「ペットのために」ってページもあります。

サプリですので、「何々が治ります」って書けないので、書かれていませんけど、ニンゲンさんが脳腫瘍の末期から回復された経験談とか色々あるようです。

薬ではないので山ほど飲んでも副作用はありませんが、好転反応としてかゆみが出る方などもいらっしゃるそう(服用量の目安は出ています)。

サプリなので、すぐに何かが治るというよりも、持続して体質改善、免疫力アップ!

ガンを発症した親方の親族も飲んでいます。

サイトには色々なデータも出てますし、無料のサンプルも頂けますので、ご興味ある方は覗いてみてください。

 

猫飼いさんの体験談も出ています↓

猫の飼い主様の喜びの声|無添加サプリメント

 

腎臓疾患で効果を感じているとおっしゃっている獣医さんもいらっしゃいます。猫さんの弱点である腎臓系に強いとはありがたい。

ちなみにチョッちゃんも、バランスアルファ飲んだら多尿が落ち着きました。

 

原材料はいたってシンプル。ラインナップはいくつかあり、症状によってオススメのタイプも異なってきますが、何の症状もなく病気予防のため、免疫アップのためでしたら、プレーンから試してみるといいそうです。

いずれも猫に大丈夫な原料であることは確認しましたが、アレルギーのある方はご自分でお調べください。

食事にかけてあげても効果に変わりはありませんので、うちはウェットにかけています。

ただし60度以上(だったかな?)のものにかけると酵素が死んでしまうのと、何かに混ぜてから1時間以上(だったかな?)放置したものは効果ないそうです。

 

人間が飲むとお高くつきますが、猫さんの量だとすっごく持ちます(笑)

 

キーちゃん時代から引き継いで、ネオも飲んでいますが(あ、飲みません、ご飯で摂取です)、ネオは夏場はかいかいがひどくなるので、新発売されたハスも試そうかと思っています。

思えば、キーちゃんが最後に胃から摂取させられたのも、バランスアルファだったな・・・今思い出しましたよ。

もう必要なかったのに(ごめんよ、キーちゃん)。

 

みんにゃ健康でいてね!!

 

f:id:chakibineo0316:20171119133306j:plain

この頃はまだバランスアルファにゃんて無縁だったニャァ

チョッちゃんは働き者

どうも、チョッちゃんです。

爺はすぐ僕の手を借りたがって困ったやつだよ。僕の手はただの「猫の手」じゃなくって「キングの手」なんだけど、そこのとこ爺はわかってんのかな。

ま、僕は寛大だから許してやるけど。

 

今日は僕がとっても働き者だってとこをお見せするよ。上に立つものは謙虚でいないといけないから、僕はよくお手伝いしてあげるんだよ。

 

 

f:id:chakibineo0316:20171116104053j:plain

まずはアイロンがけさ

 

f:id:chakibineo0316:20171116104055j:plain

え?邪魔してないって。手伝っているんだよ

 

 

f:id:chakibineo0316:20171116103826j:plain

お次は洗濯物たたみ。忙しいな~

 

 

f:id:chakibineo0316:20171116103820j:plain

網戸の張り替えもこの通り。出来の良し悪しは押さえ方にかかっているんだよ




f:id:chakibineo0316:20171116104514j:plain

お客さんが来るから、メロンを温めて急いで熟成させないと!

 

f:id:chakibineo0316:20171116104517j:plain

急がないと!

 

 

f:id:chakibineo0316:20171116103822j:plain

落ち葉掃きもしないとね!
え?僕がどこにいるかわからないって?

 

f:id:chakibineo0316:20171116103824j:plain

僕はここだよ、わからないかなあ



どうでしたか、僕ってホントに働き者でしょ。

あ、大変!

 

f:id:chakibineo0316:20171116104913j:plain

一枚残ってた!

 

 

チョッちゃんシリーズはこちら。

loveofcats.hatenablog.com

 

loveofcats.hatenablog.com

 

フードの話 その5 〜 お口から食べられるって素晴らしい

オーガニックのネズミが完全食とおっしゃるチョッちゃんのお医者さんによると、ハツがいいらしいんですよ。なのでたまーに、豚さんのハツを茹でてあげたりします(オーガニックのネズミはあげられないんで)。

でもネオは歯があまりないので、かたいものがあまり噛めないので(涙)小さくちぎってあげます。

最初の茹でたてはそれだけで食べますけど、あとは小さく刻んでウェットと混ぜてしまいますのよ。チュールとかであえてもいいですね。

 

f:id:chakibineo0316:20171115205056j:plain

この金魚は食べられるのかい?

 

「猫さんの好みは子猫の時に食べたもので決まるので、小さい時からできるだけ色々あげるようにしましょう」ってよく言われます。

実際そういう側面はとっても大きいとは思いますが、それだけでもない気もするんですよね。大人になってからも好みって変わるし、初めて出会った食材も本能的に「いける!」って大好きになることもあると思います。

でも、小さい頃に「食べられるもの」を沢山認識しておくのが大事なのでしょうね。

とはいえ、小さい時から一緒にいられるとは限らないので、小さい時から一緒にいられる方はラッキーですよね〜。

ま、とにかく、いろいろなものが食べられるのは、病気になった時の強みになりますので、それに越したことはないです。

 

それから、結石になったり、肛門腺が詰まるのがカリカリに起因する場合があるといっても、カリカリが悪者な訳ではありません。

良質なカリカリは沢山ありますし、カリカリをよく食べていると歯が丈夫でいられて、猫又さん(ご長寿さん)になれている方もいらっしゃいます(おめでとうぎょざいます!羨ましい!)。

何より夏場のお留守番なんかは、カリカリじゃないとフードが腐ってしまいます。

なのでカリカリが食べられることは大事なことです。

 

逆にウェットが多いと、お口の細菌が繁殖しやすくなりますので、歯周病の原因にもなりますしね。

ネオはウェット大好きな上に、歯が抜けているので(涙)、あれこれ吟味して、こちらをあげています↓

kinber.shop

 

ただカリカリが多いと、水分摂取量が減ってしまって、病気のもとになることがあります。

カリカリ以外のもの=ウェットや生のお魚やゆでたお肉などは、それ自体の水分含有量が多いので、フードから水分を補えるという利点もあります。

飲水を促すために塩分濃い目に設定しているカリカリもありますが、猫さんはもともと砂漠の生き物だったもので、お水をそんなに飲まなくて良い様に生きていて、そのためにとっても濃いチッコを出します。

だもんで、泌尿器系のトラブルがあったりするのですよね。

その辺りはお水の話の時にでも。

置き餌か、置き餌しないかって話や、1日何食かって話もありますが、フードの話はキリがないのでまたにします。

 

最後に、親方がしみじみ実感したことがあります。「口から食べられることって当たり前ではない」。

自身は幸いなことに、病気や怪我もなく、口から食べることが当たり前で生きてきました(咽頭炎で死ぬほど喉が腫れた時なんかを除いては)。

でも、キーちゃんが術後の傷がふさがらず、お口からご飯を食べられなくなって…、ニンゲンのお子さんでも、病気で口から一度に食べられるのが米粒半粒のサイズの何か、って方もいらっしゃることを知りました。

お誕生日のケーキもね、ろうそくを消した後は、お米半粒分だけそのお子さんの前に出すの。

言葉では表せない気持ち。すごい課題を持ってこられた親子さんです。

 

f:id:chakibineo0316:20171115072202j:plain

精一杯遊び


美味しいもの、口から沢山食べられるって本当にすごいことで、しばしば忘れちゃうけど、ありがたいなって思う。

ネオには、キーちゃんの分まで美味しいものをドサドサドカドカ食べて欲しい(あ、いえ、少しずつです、ダイエット中です、はい)。

同じく、鼻から息を吸えていることが当たり前で生きてきたけれど、キーちゃんと暮らして、鼻から息が出来ることが当たり前ではないことにも気づかされましたよ(猫は基本は口呼吸をしないけど、最終手段としては口呼吸もします)。

できればキーちゃんではなくって欲しかった病気ではありましたが、キーちゃんと一緒に学んだことはすさまじく多くて、それも彼がくれた偉大なギフトの一つなのであり、彼には感謝してもしきれないのであります。

きれいごとでなく、そう思う。

呼吸が困難になっていく愛しい愛しい愛しい相棒と暮らしたら、毎日気づかされずにはいられない。

f:id:chakibineo0316:20171115072124j:plain

精一杯生きたのさ
(第一回大手術後、呼吸を取り戻したキーちゃん)


さて、今週は真面目なフード週間だったので、そろそろチョッちゃんにバイトをお願いしましょかね。

フードの話 その4 〜 なんちゃって手作り

親方はキーちゃんのご飯に手作り食も加えようと思い、参考書に買ったのがこちら↓

https://www.amazon.co.jp/かんたん-手づくり猫ごはん-須崎-恭彦/dp/481634988X


手作り食にしたら腎臓病が良くなったとか、目のトラブルが減ったとか、体験談も出ていますが(もちろんあくまでも個人の体験です)、何よりこの本のいいところは「頑張らなくていい」ってとこです。

面倒臭がりの親方にぴったりんこです。

食べていいもの、悪いものもざっと書いてあるし、そんなに気にしなくても大丈夫なことや、気をつけた方がいいことも参考になります。

結石の出来たチョさんのために、シスにも勧めました。

ただ、完全手作りにするのって、栄養バランスの計算一つとってみても、ニンゲンに相当負担になるでしょうし、何より猫さんの嗜好があるので、「食べませーん!!」て壁にも派手にぶち当たるかと(笑)

書籍の中にも手作り食への慣らし方は書いてありますし、体験談のところにも「いかに慣らしていったか」も出ていますので、気になられる方は覗いて見てください。

ま、猫さんなのでそのままでは食べない時は、好きな缶詰に少量を刻んで混ぜる作戦もありかと。

特に香料の強い銀のスプーンなぞは、ごまかしアイテムにもってこい(うちだけ?)。

それでも「んにゃ?にゃにか混ざってるんすけどー」って不審がる子もいると思うので、そういう時はほんのほんの少しでね。

どうでもいいけど、銀のスプーンのシリーズって、チッコにまで香料においますよね。人工的で決していいニオイとは思えにゃいけど、猫様には魅惑の香りなんかな。

 

親方は、何事もいい加減ですので(良き加減という意味です、おほ)、ちゃんとした手作り食なんてハナから考えてはいなかったのですが、お野菜を刻んでお肉を刻んで、お刺身を乗せて熱々汁をかけて半ナマ風にするとか、ささみをフードプロセッサーにかけるとか、試した時期もありました。

 

食べんわ。

 

だいたいキーちゃんはそんなに汁だくのご飯なんか食べんのですよ。

お肉はそんなに好きじゃないし。

キーちゃんは食の好みが「猫」ですから(食の好みがうるさいっつー意味)。

 

f:id:chakibineo0316:20171113212759j:plain

猫だもん、あったりまえさ

何しろ、おチビさんで来たてのころ、初めてシャケをチンして出した時、「世の中にこんな美味しいものがあったんですかー」って大喜びでむさぼるようにお召し上がりになったのに、その次には、親方が「あれ?」って思う程度にしかお召し上がりくださらず、次は完全にフンフンと嗅いで終わり・・・ありがちっしょ。

猫缶も、喜んでくださるのは開けたての一回ね。ま、これは昔っからの猫あるあるなんで、そんなもんよと思いはしましたが、大好きだった牛乳も、お家に来てからすぐ飲まなくなったし(他にも美味しいものがある世界を知ってしまったのね〜)。

手作り食らしいことはさほどしないけど、テキトーにお魚やお肉をあげるってスタイルに収まりました。

(ちなみに、猫さんが猫缶を開けたてしか食べないのって、猫さんはタンパク質が重要なので、タンパク質の劣化に非常に敏感だからって説があります。)

 

f:id:chakibineo0316:20171116152103j:plain

この手があるから、もう食べ物には困らないんだ

一方ネオはね、食べるの大好きで、缶詰も3日目になっちゃっても完食してくださいます!タンパク質の劣化をそんなに気にしない猫なんですかー(缶詰は缶のまんま保管しないようにしませう)。

ネオちんは汁だくご飯も大好きなので、手作り食の真似事もモリモリ食べてくれるんで楽しいんですけど、お腹が緩む子だったもんで野菜はやめることになり(猫はビタミンCは体内で作れる)、なんだかんだいって結局、お魚やお肉をチンしたつゆだくご飯とか、お刺身はもちろんですが、お刺身にホタテ汁の熱いのをかけて半ナマにするとか、そんな感じです。手作り食でもなんでもないし(笑)

 

それはさておき、猫さんは人間とは体質が違うので、フードにあげていい素材なんかはわかっておくという意味からでも、この本は便利(ネット見ればなんだって出てるけど)。

要注意なのは、猫さんに必須のタウリンなどの栄養も、手作り食だけだと欠けがちになること。手作りだけにこだわる方は、サプリで補ってますね。

ネットで手作りご飯のサイトされている方もいらっしゃいますが、きっちりされてる方はスギョイなーと思います。親方には決して真似できにゃい。

 

もちろんうちは、必須の栄養補給の意味でも、カリカリを併用していますよ。

カリカリが悪者なわけではないお話つづく。

次でひとまずフードの話は切り上げるので、今一度おつきあいを願います。

 

※この本では、ハンストして数日食べなくても大丈夫(自然界では獲物にありつけない時もあるので)とか書いてありますけど、お太り気味の子が数日食べないと、肝リピドーシスになって命に関わることもあるので、気をつけてあげてくださいませ。

健康な子で本当にただの気に入らなくてのハンストの場合は、お腹空いたら食べるから、そこまでの心配はないでしょうけどね。

 

f:id:chakibineo0316:20171113213455j:plain

一六タルトの外側を食べ散らしたのは、ぼ、僕じゃありませんってば

 

フードの話 その3 〜 ネズミ丸ごと一匹は完全食!?

フード探しでは、帯に短し襷に長し的なこともよくあると思います。

例えば、他の成分バランスは全部いいのに、マグネシウムだけがやたら高い・・・とか、成分がいいから買っては見たものの、肝心の猫様がお好みではない・・・とか、成分はいいのに、形が合わなくてうまく食べられない・・・など。

実際に猫さんに出してみないとわからないこともありますので、サンプルでいただけるところがあれば、サンプルからお試しになるのがいいと思います。

ネオはコロンと丸いタイプは、お口にうまく合わずに食べられません。

ブルーとか、ナウは、味は美味しいのにお口になかなか入らないのです(涙)

小粒すぎるのもうまくお口に入りません…。

なので、キブル(粒)の形状とか、サイズの大きさの出ているサイトはありがたいです。

大きすぎたり、複雑な形をしていると、留守番用の給餌器「ルスモ」で詰まる可能性もあるし・・・

 

とにもかくにも、親方はサンプルでいただく量くらいなら、成分はあまり気にせず、飽き防止の味変え用の混ぜ物としても重宝しています。

 

あと、そのメーカーのリコールも調べてる方もいますね。親方は、リコールがあった後しばらく順調なメーカーは、逆に改善されて安全なんじゃないかと思うようにしてます(なんの根拠もない前向きさ・笑)。

 

それから、結構大切なことは、一種類のフードばかりをあげないことでしょうかね。

というのも、それこそそのフードしか食べなかったら、そのフードがリコールされたり、日本に入ってこなくなった時、どうしましょ(アブナイリコールだったら、それだけしかあげてなかった時の健康被害も気になります)。

また、病気になって、そのフードは食べていけなくなった時も、どうしましょ。

ま、これはカリカリに限らず、どんなに良い食材でも、そればっかりあげてたら栄養も偏るし、好ましくはない訳で、ニンゲンと一緒です。

 

キーちゃんには、プレミアムフードだけでなく、魅惑のシーバや美味しそうなおやつカリカリも時々あげていました。

だって、「ンマー♡」って思うのは心の栄養になりますもん♪

でもネオちんは、シーバは血便の粘膜便が出たり、美味しい香料の入ったお安いフードはお腹を壊すので、残念ながら封印ですけど、他にも美味しいものは山ほどあるから大丈夫かと(笑)

 

f:id:chakibineo0316:20171113180343j:plain

この手がシーバをくれたですねー、シーバをくれる手は大好きです

 

ロイカナの話が前回出ましたので、ついでにこの話も。

シスの家のチョッちゃんは、結石が出来て以来、治った後もロイカナの療法食をメインにしていました。

親方としてはロイカナだけをあげ続けることが気になっていて、プレミアム見てみたら〜と言ってましたが、チョッちゃんが結石になるおそれが拭えず、シスはロイカナメインであげていました。

そんなチョッちゃんも推定12歳を超え、にゃんと肛門腺が詰まってしまいました(涙)

その時もお医者さんに言われました。

「100%カリカリのせい」。

ちなみに、そのお医者さんは自然派の先生で(ステキネ)、「猫の完全食はオーガニックのネズミ丸ごと1匹だ!」って先生です。

オーガニックのネズミって…(笑)

(※肛門腺が詰まってくるのは体質にもよりますし、高齢な子にも多く見られるそうです。)

 

とにもかくにも、シスはフード探しに着手。プレミアムフードをメインに。

そしたら体質が変わって来たんかな、どうやら詰まっていた肛門腺の状態がよくなって来て、絞りにいく間隔が開いて来ました! このまま頑張って治ると良いね!

 

f:id:chakibineo0316:20171113212820j:plain

チョ様もお尻しぼられるなんて大変な目にあってるねぇ
僕はお尻は無事だったんだ

 

ちなみに、うちの獣医さんは、「療法食はその症状が治ったら続けたらダメだよ〜」とはおしゃっています。

でも、ついつい予防のために続けたくなりますよね・・・

混ぜるくらいでバランスを取るのも良いのかも。

 

きっと肛門腺のつまりにも効くかもしれない?手作り食のお話につづく。

 

フードの話 その2 〜 選ぶ際に気をつけていること

フードの話、続きです。

その前に、前記事の補足として、分量のことですが、いちいち計りはしないけど、一度「このカリカリはこの位が何g」っていうのを計っておくと、目分量であげられるので、その位はします(笑)

 

f:id:chakibineo0316:20171113180446j:plain

隠してあっても見つけたぜ


さて、キーちゃんも、一番最初はスーパーで売っているカリカリをあげていました。香料も着色料も入っている魅惑のカリカリさんです。

でも、ある日、シスのチョッちゃんが結石になりました。

チョッちゃんカリカリメインの男子で、しかもスーパーのカリカリでした。で、お医者さんに「間違いなくカリカリのせい」と言われたそうです(マグネシウムも普通に入っているカリカリでしたし)。

それを聞いて、親方もフード探しを始めました。

もともとキーちゃんはカリカリメインではないのですが、体にいいカリカリを探すべく…。

当時でさえ色々なプレミアムフードがありましたが、今はさらに日本で買える海外のメーカー(ブランド?)のフードが増えていますね。

探し出したらキリがないというか、頭パンクというか、一体どれを選べばいいの?って、わーってなります(親方だけ?)。

さまよえるフード難民・・・

 

フードを選ぶときは、まず原料表を見ます。一番多いものから書かれています。

何がメイン?

サーモン?タラ?チキン?ダック?ラム?トナカイ?ラビット?色々です。

うちの子はお魚ちゃんが好きなので、必ずお魚ものはあげます。

食べ飽きを防ぐため、一度に数種類はあげるようにしていますが、お魚系は欠かさないようにしています。

うちは多頭ではないのでフードの減りは遅いので、そんなに一度にあれこれ開けたらフードが劣化してしまうんで、小分けにして冷凍保存しちゃいます。

冷凍保存は自然解凍時に結露するからよくないとかきいたことありますけど、結露するのは袋の外側ですし、フードの劣化の方が嫌なので、気にしません。

一応、プレミアムフードなどと言われる保存料の入っていないフードは、開封後1ヶ月を目安に、と言われますし、そのまま常温で開けたり閉めたりしていると、確実に酸化はしますので、大袋のまま保存はせず、さっさか冷凍しちゃっています。

真空の容器を使っていらっしゃる方もいますね、親方も憧れてますけど、憧れ止まりになってます(笑)

 

ちなみに、原料のところで、「〇〇ミール」とか「〇〇粉」とあるものは、くちばしやら爪やら何やら、人間が食べることのできないところ=副産物が混ざっているそうなので、親方はそこも見ます。

でも、「副産物不使用」とか「ヒューマングレード」と書いているメーカーさんのだったら、そこまでは気にしませんが、できれば避けてます(少なくともメインに使っているのは避けるようにしています)。

 

原料表では、書かれている原材料の順番も見ます。

タンパク質が大事な猫さんなので、親方は、一番最初に穀類が来ているフードは選びません。でも、腎臓の弱い子とか、高齢の子の場合は、穀類が一番最初でもいいと思います。

タンパク質が多ければ多い程良い、という考え方もあって、食育の勉強をされている方に、タンパク質50%の「イノーバエボ」を勧められ、キーちゃん闘病中に使った時期もありましたが、運動量の多い猫さんならともかく、タンパク質が多すぎると内臓に負担をかけることもあるので、エボは多すぎるので途中でやめました。

寝るの大好きで運動量の少なーいネオには、タンパク質の多すぎるフードは使っていません。

キーちゃんの時は、タンパク質35〜40%に近いものを目安に選びましたが、ネオの場合はそこまで高くなくてもいいです。

「ブルーバッファロー」の猫さんフードは、室内猫用にあえてタンパク質を30%位にしているとのことでした。

 

それから、穀類。これも意見の分かれるところと思います。

穀類は必要ないと考えていらっしゃる方もいますし、穀類含有していないフードを良質としているサイトもあります。

実際、猫さんの腸は穀類消化に適していないのです。

ただ穀類不使用フードは、カロリーも高いフードが多いので、カロリーもチェックチェック。室内猫は運動不足になりやすいですし。

アレルギーのない猫さんであれば、穀類は、フードのメインになってさえいなければ、そこまで悪者にしなくてもありかな、という感じもします。腹持ちとか食物繊維とかの意味でも。猫さんのお腹にあってさえいれば。

うちはネオがアレルギー持ちらしき面もあり、それ以上にお腹に合うフードが本当になかったので、あれこれ試しました。

コーンがダメなのかとか、よくわからないし〜。やってみるしかないし〜。そんな時は1種類で試さないと何が合わないかはわかりませんので、食べ飽きとの戦い(笑)

 

あとは結石のもとになるミネラルバランスも見ます。

マグネシウムはやはり多くない方がいいのですが、カルシウムとのバランスがあっていれば、うまく排泄もされますし・・・

でも膀胱炎経験者で、かつ男の子なので、マグネシウムの高いフードは避けてしまいます。

リンが多すぎるフードも気になります(内臓に負担がかかる)。

 

こういうのを細かく見て行ったらきりがありませんが、ま、親方の主義としては、そのフードばかりを恒常的にあげなければ、多少のことは気にしない、です。

あんまり気にしすぎると、その気持ちの方こそが病を招きそうなんで(笑)

 

例えば、ロイヤルカナンの酸化防止剤としても使われているBHAや、BHT、エトキシンなどの「合成型」酸化防止剤は、発がん物質とされていますので、それらが使用されているフードは基本は選びませんが、ずっとそればかり恒常的にあげていなければ、たまのことなら気にしない、です。

キーちゃんも膀胱炎になった時、ロイカナのオルファクトリーPHコントロールをサンプルでいただいたところ、まぁえらく美味しいらしいんですよ。

で、膀胱炎予防も兼ねて、たまには混ぜてました。

でも、酸化防止剤は天然ビタミンEとか、ローズマリー抽出物などの「天然」か、ミックストコフェロールの「天然型」といった自然由来のものが望ましいので、そこもチェックしています。

 

 

f:id:chakibineo0316:20171114073632j:plain

まだ終わらにゃいの?

 

はい、つづきます。