Love of Cats 猫たちからのギフト

猫の難病、闘病、健康、フード、自然のサプリなどのアニマルケア、時々お馬&磯の魚たち

考えすぎ、心配しすぎ、気にしすぎはダークサイドとな〜!

となとな〜。

詰め込み過ぎて長くなりましたとな〜。

 

グランド・マスター・ヨーダを友とするあーちゃんが教えてくれました。

「悲しみも憎しみも怒りも考えすぎもダークサイドってヨーダが言ってるよ!」

恐れも心配しすぎも気にしすぎも執着しすぎもダークサイド 。

スターウォーズは禅の思想なんかも入ってるので、全てが深いんですよね、って初期のシリーズしか見ていない親方が言うのはなんなのですが。

 

人って一日5万回くらい思考すると言われていて、それが8万回とか9万回になると通常の精神状態じゃいられないそうです(ってテレビで言ってました)。

そしてね、そのうちの8割が同じこと繰り返し考えてるそう(なんかわかるかも)。

でね、またそのうちの8割がネガティブな思考なんですと(ってどっかの実験があったらしいっす)。

つまり、思考が多いってことは、ダークサイドへ繋がるネガティブな思考を繰り返し繰り返し自分に植えつけてしまうことなんですな。

そしたら引き寄せの法則だけから考えても、その人はネガティブなものがどんどんやってきて、ダークなオーラの持ち主になっちゃうってことではありませんの!

テーヘンです!

 

もちろん、人ってトーゼン悲しむし嘆くし不安にもなるしムカっともするし、しきりに考えたり心配もします。

そ〜んなのは当たり前。な〜んにも考えない人なんてこの世にはいません。

特に、仕事でトラブったとか大事な大事な家族が病気とか、そういう突発的な事態にあたっては、考えに考え、練りに練って解決策を選択して行ったり、むしろ考え続けてたらヒントが降りてきたり、ポジティヴな結果を導き出すために思考することは大事ですよね。

人事は大いに尽くすべしなんです。

(でも尽くしたのちに手放して、あとは天命をお待ちすると、よりいいアイデアが浮かんだりもしますね〜。)

 

しっかり悲しむことも大事↓

loveofcats.hatenablog.com

 

大事な猫さんが大病しちゃったり、大怪我しちゃったり、そんな時もそれはそれはドッキーンてしますが、それも当たり前。

でも心配するレベルって人によって違うから、例えば今しなくていい心配までもむやみやたらに心配し過ぎちゃう人もいます。

 

何かが起きたとき、例えば愛する家族を失ったとか、大失恋しちゃったとか、そんな一大事の時には、一時的にうつ状態みたくなることもありますけど、一時的なものは、時間が経てば、あるいは気づけば戻ってこられます。

ただ、日常的にちょっとしたことを気に病んだり、先のことを心配しすぎたり、執着しすぎたり…個人の特性としてそういう性格傾向が大きいと、さっき書いたみたいに、ずーっとダークサイド に繋がりっぱなしになっちゃう計算です。

ひ〜困るぅ〜。

 

思考をお休みさせるために、瞑想だったりヨガだったり、絵を描いたり音楽に没頭したり、水泳したり走ったり…しなされともよく言われますね。

頭の中に余白ができると、新しいアイデアが浮かんだり、天からのヒントを受け取りやすくなったり、思考(脳)でなくてハートで感じる余裕が生まれたり、能力が余すところなく発揮できたりもしちゃう。

そんな効果があって、ビジネスマンやスポーツ界でも瞑想が流行るんですよね。

f:id:chakibineo0316:20190627053648p:plain

チョ様もおっしゃってます・・・

 

執着がなんでダークかっていうのはわかりやすいですね。

執着が強すぎると嫉妬へ繋がり、欲望が忍び寄ってくるからだそう(ヨーダ師談)。

あの子を好き好き大好きすぎる!(執着)

→どうして私と仲良くしてくれないの? どうして私を好きになってくれないの! 他の子と仲良くしないで!(嫉妬、そして欲望へ)

→私をみて! あの子を手に入れたい(欲望)。

さらにエスカレートすると、私を見てくれないあいつは許せないとかなっていくんですよね(オンドロドロ)。

女子校によくある?(のかわからんけど)とかストーカーの心理ってこの方程式ですもんね。

 

心配にしろなんにしろ、その想いの出発点が愛であっても、それが「過ぎ」てダークサイドに繋がるんなら、それはいいの?よくはないの?

お好きな方をご選択下されたく。

 

動物たちは考えすぎとか悲しみすぎとか心配しすぎとか気にしすぎってあまりない感じ。

もちろん、悲しいとか怖いとか、人間と同じ感情の幅はありますけどね。

でも、「過ぎ」ない。

・・・たまにしか・笑

たまにおもちゃへの執着とか食への執着が異常に強い子っていますけど、それは苦労したとか辛い体験などの原因理由があってのことで、またちょっと違う話になっていくので、ここでは都合よく脇へ置いといてっと。笑

 

生に執着しないのも彼らの特徴ですね。

 

何事も中庸、中道がいいですな。

お釈迦様も説いてなさるわ。

 

どう生きたいかは個人の自由なので、大事に大事にネガティヴな想いを抱きしめて生きていく自由も与えられています。

今はダークを愛したいのって段階もありましょう。人はそれぞれですけんの。

 

けれど親方はダークサイドよりライトサイド、中道中庸を目指して歩みたし。

ダークサイドに出来るだけ繋がらないように、繋がったら気づいて戻ってこられるように歩みたし。

太陽のごとき友人に、ダークに行ったら注意して!ってお願いしてあるんです、準備万端でしょ・笑

その気づきをくれる友に腹を立てたり、傷ついてメソついたりしたら、親方はダークに完落ちです。近寄らないことをおすすめします。

 

中庸・中道の真っ直ぐな道を、サラサラと吹き渡る風のごとく歩みたし〜。

残り少ない人生を、動物たちを師として、精進精進。

 

あ、ちなみに、すみれちゃんの神様が一番嫌いなのは「依存」だそうです。

言うまでもないけど、依存もダークサイドでんな。

天は自らを助くる者を助くってありますもんね、古来から依存も神様に嫌われているようです。

他の神様にも一番嫌いなものを調査してみたいですね。

ちなみに親方の内なる神様に手っ取り早く聞いてみましたところ、ソッコー返ってきましたよ、「怠惰」と「欲望」って。

き、勤勉だなぁ、親方の神様は😅

修道僧にでもなれと言うのかしら。

ま、ネオへの愛欲にまみれて溺れる修道僧がいてもいいかもね😁

 

f:id:chakibineo0316:20190626083305j:plain

僕は寝過ぎと、可愛過ぎと、賢過ぎと、格好良過ぎと、良い子過ぎ

 

 

チョ様はこちら↓

loveofcats.hatenablog.com

 

loveofcats.hatenablog.com