Love of Cats 猫たちからのギフト

猫の難病、闘病、健康、フード、自然のサプリなどのアニマルケア、時々お馬&磯の魚たち

続・自然のサプリについて。猫に安全な生薬、人間に怖いサプリ(追加あり)

昨日の記事の続編になりますが、アロマの師範である仙人シスと話して、猫の肝臓の代謝機能の問題もあるかもね、って話になりました。

アロマの話の時にもお話出ましたが、猫の肝臓は植物毒性や精油を分解できないからです。

こちらの記事↓に獣医さんのお話引用しています。

loveofcats.hatenablog.com

 

松にはテルペンが含まれます。

でもアロマと違うのは、松寿仙の場合は精油を抽出したわけではなく松葉全体であることや、また水溶性であることなどから、もしそこにも一因があるとしても、やはり問題となるのは適量を適切に取るかどうかだろうと。
(親方も松寿仙をきーちゃんに用いる際には、松やニンジンの猫への影響を色々と調べましたよ。)

 *最後に追加あり(9/28)

 

継続しても安心となると、クマザサだけのササヘルスはいいですね。

親方はキーちゃんにササヘルスもあげてました。

ササヘルス、時々松寿仙です。

ただ、成分的に松とニンジンが入っていないので、血管に影響する作用がないため、症状、治療目的で使い分けるのがいいかと思います。

その子の体調や症状に合わせた使い分けが良いですね。

何事もそうですけど。

f:id:chakibineo0316:20180927154402j:plain

僕はパンダのように笹も好き

 

体質の個体差もあるし、症状なども人それぞれ(猫それぞれ)。

聞いた情報をとにかく吟味する。調べる。

獣医さんだって治療方針や薬の方針、知識の活用の仕方、考え方の違いなどで、本当に見解って分かれますし、教えてくださることにも差があったりする。

親方はキーちゃんの時に、複数の獣医さんのお力を借りられてすごく助かりました。

どの先生も信頼に足る先生でしたが、意見が違う時どっちを取るかは親方の判断によります。

獣医さんに言われたからって、その獣医さんが万能な訳でもありませんし、全知識を持っていらっしゃる訳でもない。

いろんな専門家の見解を集めることってすっごく役立ちます。

特に犬猫たちの寿命って昔は10年生きたら長生きだった時代から、今や20年時代になってきて、それまでエビデンスがなかったものが、今後どんどんエビデンスも増えていくでしょうし、いいものについての評価や発見される影響も変化していくものですよね。

 

人間だってどんどん新しい機能食品とか出てきていますけど、新しいサプリなんかは長期的服用における影響ってわかっていない訳です。

うちの父は検査で肝臓の数値が急に上がってしまった時に、看護師さんにサプリを摂っていませんかと確認されました。

はい、F社の目のサプリ「え●き●」を摂っていたんです。

「すぐやめてください!」って言われました。

「え●き●」にはどうやらアスタキサンチンが日本では基準が甘くって、結構たくさん入ってしまっているそうで、それが肝臓にとってアブナイそうです。

そう言われて調べると、確かに情報が結構出てきました。

看護師さんが言うには、高濃度茶カテキンも怖いそうです。トクホだからって体にいいと思っちゃいますよね。

でも自然にお茶からとるカテキンは良い訳です。

つまりこれも量ですね。

もちろん同じものとってもみんなに同じ影響が出るとも限りませんしね。

個体差もあるけど、サプリは凝縮して摂るものですし、さらに高濃度にしていると余計影響あるんでしょうね〜。

 

怖い怖いって、例えばこのハムの保存料はダメだとか、そう言う生き方は全然していない親方ですけど(だってハムだけを毎日大量に食べる訳じゃないし〜)、父の肝臓事件があってからは、サプリのアスタキサンチンと高濃度ナンチャラにはとりあえず用心しているのでした。

f:id:chakibineo0316:20180927154307j:plain

爺ちゃんは僕にランブルスコまで飲めと言うのか

 


*追加です(9/28)

松寿仙の腎臓への負担をおっしゃった先生によると、松寿仙は体内に銅がたまる、ササヘルスは鉄だから安全とのことでしたので、さらにやたら調べてみました。

自分の命がかかっているのでね(オーゲサ・笑)。

確かに、松にミネラルの銅が含まれていることが判明しましたので、製造会社に確認したところ、残念ながら銅の計測はしていないそうですが、鉄など他のミネラルの数値を教えていただきましたところ、例えば鉄は100g中に0.26mgだそうです。

これらの数値からいって、銅の数値もおよそこのあたりの数値で、微量、体内に影響のない数値とのことです。

100gとっても一日摂取量にも満たない量です(成人女性の目安摂取量は0.8mg/2015年版厚労省のデータ)。

松寿仙は一回10cc、多くて1日30ccなので、体内に影響なく、尿で出ることを確認しました。

ただ他のミネラルを沢山含んだ食品を毎日食べている方や、他にもサプリで摂取されている方はトータルでお考えくださいね。

 

一方、ササヘルスは葉緑素を水溶性鉄イオン化しています。

こちらも水溶性で、しかも鉄は極微量なので尿で排泄されます。

鉄の1日の目安摂取量は銅よりもっと多いので、割合からしたらもっと極微量に値します。

使用量を守っていれば過剰摂取になりませんのでもちろんこちらも安全。

ちなみに、松寿仙もササヘルスも薬事法で厳しく管理されている医薬品、しかも副作用が少ないとされる第三類に分類されています。

 

しかし、もともとニンゲン用のものですので、もちろん体の小さな猫への蓄積とは異なりますので、くれぐれも継続使用にはご注意ください。