Love of Cats 猫たちからのギフト

猫の難病、闘病、健康、フード、自然のサプリなどのアニマルケア、時々お馬&磯の魚たち

ショックな話!〜自然のサプリを選ぶときの注意

私の愛するハイパワー松寿仙なのですが、とあるA先生によりますと、継続し続けると腎臓に負担がかかるので、治療中の方以外は継続しないとか、摂りすぎ注意というか、治療中の方も適度に適量をお守りくださいとのことです。

親方は今治療中なので適量を継続しておりますが、いずれ経済的にも続かないので、調子が良くなったらまた頓服や傷薬としての使い方に戻っていくと思います。

 

しかし体に優しいと思っていた自然薬について、そんなええっ!ってショックなお話きいちゃったら、情報発信する側としてはいろいろと確認せずにいられませんので、他の漢方のB先生にも確認したところ、妊婦さんやお年寄りにも安全とおっしゃり、長年売っているけどそういう方はいないとのこと。

製造会社にも確認しましたが、製造から50年飲み続けている方もいますが腎臓を悪くしたという例は報告されていないとのことでした。

うーむ・・・

まあ製造会社は悪いことは言わないでしょうけど、B先生にしたって何代にも渡って薬局されている先生なんですよね〜。

確かにそんなに危ないことばかり起きていたら、50年同じ製品を売り続けられませんね。

そんなこと頻発してたら、今の時代すぐネットに上がってきますし、他の漢方薬みたいに、長期服用に関しての注意書きも絶対書かれるでしょう。

現に親方のうちは代々愛用してますし(もう何十年にもなるわ)、みんな元気です。

10年単位で継続している方も多いです。

要は、そのくらい強い効能があるってことみたいですよ。強力なものは摂りすぎはもちろん注意です。

健康な方は夜一回でいいとか、そういう感じで調子に合わせたらいいんでしょうね。

ちなみに松寿仙は水溶性なので、たいていのことは尿で排泄されますそうです。

何事も適量が大事!

適量を適切にですよ!!

 

それから、A先生によると、毎日松寿仙飲まされて大変なことになった猫ちゃんがいるとのこと。

え!!

ええー!!!

これは一大事です。人間以上に一大事。驚愕ですよね。

 

B先生は動物ちゃんは代謝の経路が違うので、人間に穏やかでも動物たちには穏やかでない場合もありますけど、そんな例はきいたことがないなーとおっしゃる。

もう一件おききしましたが、その先生も動物に効果は出た話はきいたけど、亡くなった子はきいたことないなーとおっしゃる。

毎日飲まされた猫さんがどれくらいの量を飲んだかは私にはわからないのでなんともいえませんし(原液?? お水に垂らしているくらい??)、その子がどんな病気でどういう原因で亡くなったかっていうのもまた聞きにすらデータがないので、何とも言えませんが、治療などに使う以外での健康維持のためには毎日は不要ってことですね。

それに、松寿仙を猫にあげるって、みなさんどんだけあげてるのかな?

ご飯に一滴垂らすとかのレベルですよ。

うちもネオにあげても、たまに一滴とかね、そんなレベルですからね。

傷の手当なんかには原液問題ないですが、毎日原液なんてなめさせては絶対にいけませんよ←これは親方には想定外の使い方ですけど、もしかして結構濃い目であげてる方もいるのかなと驚いて、念を押しておきます。

 

だいたいね、乳酸菌だってとりつづけたらガンになるって方もいるくらいですよ。

何事も適量。適量です!

 

あとA先生によりますと、キノコ系の免疫アップサプリは猫さんは肝臓をやられてしまう例があるそうです。

えーまたしても衝撃ですね。

ドヨドヨどよめきます。

きーちゃんはアガリクスどっちの先生にも勧められたし〜。

ま、きーちゃん短期決戦でしたから関係なかったでしょうけど。

調べても腫瘍の免疫力アップに効果あるって出てきまくるから、こちらはそうだと思っちゃいますよね。

動物学とかでも習っちゃうしね。

犬さんには効果あるらしいですが、猫さんにはキケンなの??って話ですね。

キノコ系のサプリメントは、みなさん使われるときはご注意ですね。

まだまだ精査が必要。

 

と、ここでまた親方が書いていることも鵜呑みになさらず、ご自身で調べご自身で選択することが非常に重要です。

人間はちょっとやそっとのことではなんとかなりますが、小さい体の動物たちは影響が良くも悪くもすぐ出ますので、本当に細心の注意が必要です。

と常々思います。

動物たちは買いに行けない。

買う我々に全責任がありますからね。

 

続編↓

loveofcats.hatenablog.com