Love of Cats 猫たちからのギフト

猫の難病、闘病、健康、フード、自然のサプリなどのアニマルケア、時々お馬&磯の魚たち

ノミ退治、そしてついに・・・

キーちゃんは、ご飯を食べている間だけは撫でさせてくれました。

でもそれ以外は、まだ撫でられませんでした。

そんなある日、食卓から親方に向かってノミがピョーーーンと飛んで来たもんだ!

ドッわあー。

そうです、キーちゃんは想定外にビビリシャーさんになっちゃったので、お医者さんに連れていくどころではなかったんです。

だもんで、ご飯を食べている間のノミ退治が始まりました。

昭和の猫飼い、ノミごときにひるむ訳には参りませぬわ。

ご飯中にノミ取り櫛をかけるんです(取れたノミさんの処理は・・・おとーふのパックにお水を入れて、ちょこっと中性洗剤を入れたお風呂に・・・とネットで見ました。ひー怖い、あんじょう成仏しておくんなさい)。

ノミ取り櫛は目が細かくて、毛をすくとそこにノミが掬われて(?)取れる仕組みです。ひー怖い。

そしてノミのタマゴ退治もしないといけませんから、マメに掃除機です。キーちゃんが怖がろうと、掃除優先であります!

フロントラインの類は子猫さんにはきついので、もうちょっと大きくなってから量を減らして使用しましたが、その日キーちゃんは戻しました(涙) 一日ぐったりしてました。本当にあの薬はきついねー。

「相当きついから、完全室内の子は使う必要ないよ〜(駆虫後は)」と、良心的な主治医が後に言ってくれるのですが、まだこの時はお医者知らずのキーちゃんです。

でも猫さんがお外出入りしたり、同居のヒトさんが保護活動されてたりなど、必要な場合はありますので、そこは臨機応変に。マダニに感染して命を落としてはなりませぬ。

ただし、ものすごく嫌がる猫さんワンさんもいるので、あまり嫌がられる場合は、天然ハーブなどを使ったものも探して見ると良いかもしれません。

一つ気になったのは、平気で精油を使った製品があることです!成分表を見てびっくり。

特に猫さんは精油代謝できず中毒を起こす可能性もあるので、要注意ですね。

自然派スプレーにはこういうものもありまーす。

「レニーム

https://www.rakuten.ne.jp/gold/greendog/repo/leneem.html

 

そしてついに、この日を迎えます!

我が家に来てから2週間ばかし経ってからでしたかねえ。

この頃にはもう夜はこうして甘え甘えで寝ていましたから、もういーかい?

f:id:chakibineo0316:20171016214715j:plain

もーいーよ♡

キビさん、幸せそうなお尻、もといお顔ですね。爺も最高に幸せです。

f:id:chakibineo0316:20171016214541j:plain

なでこなでこ。

もちろん翌朝も「おはようシャー」のお言葉を、ありがたく頂戴いたしました。