Love of Cats 猫たちからのギフト

猫の難病、闘病、健康、フード、自然のサプリなどのアニマルケア、時々お馬&磯の魚たち

キーちゃんロス

看病させてくれてありがとう!!

「もっと看病させて欲しかった」 病気発覚から割と早めに愛猫を送られた同僚の言葉です。 純血種で14歳以上でしたので、病気が何であれ立派にお命全うでの天晴れな旅立ちでした。 ただ人間サイドからしたら、少しでも長く一緒にいたかった、もっと面倒見させ…

あなたがいるから頑張れる、あなたがいなければ乗り越えられない

今日のエールはこちらloveofcats.hatenablog.com 大変な治療を頑張らないといけない時、何よりも頑張る励み、原動力になるのは、大好きな方への想いなのでしょう。 キーちゃんが、他界後に言ってくれたことがあります。 「爺ちゃんがいなければ頑張れなかっ…

未来から当時の2人に言えることはあるか

闘病中・共病中の方への応援歌を続けます。 キーちゃんと親方は楽しくも激しい濃密な旅をすでに終えておりますので、今の親方は、キーちゃんの病気の展開も顛末も全て知る万能の神状態です。 この神の視点から、これから闘病に向かう親方とキーちゃんに言え…

ある日世界が変わっても、この子は昨日と変わってない

ある日、我が愛する動物家族にトンデモ宣告が下されちゃったら・・・ 例えば、ただの鼻炎であるはずだったのに「こ、これは・・・デキモノです」と言われたら・・・ ポリープならとっちゃえば終わりだよのはずだったのに、腫瘍学会の最高峰たちの集うセンタ…

最高の男、キーちゃんが愛してくれた自分を誇りに思います 〜日にち薬は誰にでも平等に処方される

我が愛する子が病気になったり、または不慮の事故で他界すると、どうしても我が身を責める気持ちって出がちだと思うのです。 親方も、キーちゃんがとんでも病になった時、キーちゃんはうちに来なければこんな病気を発症しなかったのではないか、などと心痛め…

ネオはお預かりもの 〜キーちゃんとネオとわたし

タイトルが「部屋とワイシャツと親方♬」みたいですね♪ いきなりですが、キーちゃんはこの上なく大切で愛おしくかけがえのない宝物です。 僕と毛布と猫ベッド キーちゃんがこの世のケモジャ体を脱ぎ捨てた時、親方は神様に、この大事な大事なキーちゃんをお授…

動物が旅立つ時 その3  〜平穏死 自然死 枯れるように眠るように逝く

前回にご掲載させていただいたTさんのお言葉は、何度読んでもキーちゃんの旅立ちを思い起こさせられてしまいます。 最期の穏やかな顔、生き様をみると、自然なままでよかったと思いました。 汰助に教えられました。 最期吐かなかったし。痙攣起きるかなあと…

必ず笑える日は来るもんだ 〜 キーちゃん天使齢4歳、ネオ5歳

お前はどこのちゃとらじゃ? エースコック風のつぶやきをするキーちゃんです。 そんなキーちゃんが旅立ったのは4年前の三月です。 春の訪れには旅立ちの日を、 真夏の暑さには瀕死の日々を、 秋風が冷たくなる頃には、とおーーくの専門医へ通った日々を、 …

キーちゃん立ち寄ってくれるの巻

今朝のこと。 久々にキーちゃんが来てくれました。 ソファーに座っている親方の膝に乗り上げるような格好で、二人で両手を取り合い・・・ 親方は改めて、「お薬や手術沢山でごめんだったね」と言いました。 (頑張ってくれてありがとうは死ぬほど言ってきて…

愛するどうぶつ家族さんとお別れした方へ、魂のメッセージ!

前回の記事を受けて、あーちゃんから届いたメッセージ。 ぜしぜし公開させて〜とお願いしご許可いただいたので、掲載させていただきますね。 愛するどうぶつ家族さんとお別れしたことのある方全てに響くお言葉と思います。 「人間と動物の愛と絆は、時間や空…

悲しみにくれるMさんに「泣くのは一切ゴメン!」〜 グレ君の深くて大きな愛

Mさんの愛猫グレ君は、昨年9月に旅立ちました。 推定14歳以上。 一昨年の9月に余命一ヶ月と診断されてから1年余り、Mさんのために精一杯がんばって、輝ける日々を残してくれたんですね。 もちろんMさんは覚悟はされていたとはいえ、やはりグレ君を送った寂し…

キーちゃんより。大事な子を亡くされた皆様へ

あーちゃんの東京瞑想会は、日程が先すぎて予定が・・・ってお声も多いので、もう少し経ったら再びご案内させていただきます(笑) さて、白ヤギさんと黒ヤギさんみたいで恐縮ですが、もう一度ひよりちゃんのことです。 chatorajirushi.hatenablog.com 親方…

他の子との会話 〜 愛に触れると涙が止まらないね

内容的には前回がフィナーレにふさわしいっぽかったですけど、今ひとたびお付き合い願います。 実はこのセッションの数日前に、小さい時に実家で飼っていた犬の、今まで見たこともないような写真が「突然出てきた」ってシスから送られてきたんです。 「もし…

キーちゃんが語ってくれたこと その4 〜 種を超えた絆 & 愛されてることを決して忘れてはいけない

聞いた直後は「悲報」って思いましたし、がっくしきましたよ、そりゃね。 だって、毛玉ちゃんみたいなお返事を待っていたんだもの(笑)。 でもね、後から親方は思いました。 今世で「キーちゃん」は、もうあの「キーちゃん」以外必要ないの。 「キーちゃん…

運命の子は近くに来ているよ 〜 キーちゃんが語ってくれたこと その3

今周りに次席候補者が続々と現れていることを岩津さんにお伝えすると、岩津さんがまたキーちゃんに聞いてくれました。 「キーちゃんがどう関わってるか教えてもらってはいませんが、その猫の中で手を挙げる子がいる、その子は運命の子だよって言ってる。 運…

また会おうねって約束したの 〜 キーちゃんが語ってくれたこと その2

岩津さんは続けられます。 「闘病で大変だったねって言うと、『前のことは言わないで。今こんなに元気なんだから、過去のことは言わないで』と言ってます。 でも、病気に関しては、『一緒にいてくれて、病院に行ってくれて、いろいろしてくれて、すごくあり…

岩津さんに聞いてみた! 〜キーちゃんが語ってくれたこと その1

このタイトル、正しくは「岩津さんがキーちゃんに聞いてみた」です(笑) 当日。 宿泊先のホテルのお部屋でのセッションということで、親方は電車が遅れても大丈夫なように少し早めに出て、ロビーでドキドキソワソワ時間になるのを待っていました。 みゆさん…

ビクビクネオちん

翌朝、おばあがご飯あげると言っていた朝6時頃、会いに行くことに。 ネオは玄関の前で待っていましたが、門の外の親方を見つけてドキドキしているのがわかりました。 親方が発見した三角は、このポーズの耳が後ろから見えていたんです↓ あ、あなただれですか…

茶色い三角 キーちゃんの足跡

もちろん即シスに報告。 「わー毎日探しちゃうね! またそうやってかどうやってか、運命の子と会うよって啓示みたいだね」ってシス。 その啓示くんとは結局その後は会えないまま、10日程経ちました。 その辺りを歩く時は朝晩周りを気にしていたのですが、や…

ついに邂逅!

茶の助の回答をいただいても、親方はその後も迷っていました。 あ、でも、誰かを迎えるのは、6月初旬の「岩津さん」のセッションを待ってからにするつもりでしたよ、もちろんね。 でも、茶の助なのかなって思いながら(っていうか、だから親方の勇み足だって…

一生飼ってくださるのも愛情、飼う前に一生飼えるかをご自身に問うのも愛情

その頃、親方の家の席が一つ空いたってことがネコネコネットワークですみやかに地域の猫たちに伝わったらしく、あっという間に次席候補の皆様がやたら登場するようになりました。 今までたまにしか会わなかった地域猫さんに、親子でもう毎日会う、とかね。 …

キーちゃんにあげたシーバだけはチョッちゃんは食べないの

そういえばこんなことがありました。 キーちゃんがいる間はお泊まりしなかったので、久々にGWに親の陶芸小屋のある某避暑地へ泊まりに行ったり、従姉とシスと女子会をして実家に泊まったりしました。 もちろん話題は半分はキーちゃんのことだったり(従姉も…

フェリシモ猫部 岩津さんに聞いてみよう

今では猫好きさん以外にも結構認知されている「フェリシモ猫部」さまですが、数年前は今みたいに駅とか駅ビルとかに出店ブースも出てませんでしたし(のような気がする)、当時は猫好きさんでも知らない方が結構いました(って親方の周辺だけ?)。 親方は、…

モーニングワーク 〜 喪の作業

前掲のみゆさんの記事は、とっても沢山のご反響をいただきまして、ありがとうございます。 みゆさんからは、「キーちゃんへの愛おしさがこみあげてきて、泣けて泣けてしかたありませんでした」と・・そしてその先は親方だけの宝物にしたい温かいお言葉をいた…

ペットロスの方へ 〜 みゆさんからのメッセージ

親方にとっては、一緒に暮らす猫さんたちは「ペット」って感覚はありません。 最近は世間様でも「ペット」ではなくコンパニオンアニマルという言い方もしますが、ま、家族であり相棒ですナ。 このブログでも「ペット」という言い方はできるだけしていないの…

夢でも逢いたい! 〜 祖母が慰めに来てくれる

大事な我が子(家族、相棒)を亡くした方なら、誰しもが「夢でも逢いたい!」って思ったことがあるかと思います。 親方も無論思いました。 夢に出てきてくれないかなって。 もしかして夢に出て来てくれていても、哀しみに心塞がれて気づけてないだけってこと…

キーちゃんロス! 〜 サメが慰めのダンスを踊ってくれる

キーちゃんは有名猫だったので、彼の訃報は一気に拡まりました。 職場でも皆さんが慰めたり素敵な言葉をかけてくれます。 かえって泣けたりもするんですけどね。 まぁとにかく、それぞれの方々のお気持ちがありがたかったことは確かです。 親方は日常生活に…

キーちゃん、合図をくれる

キーちゃんの肉体がこの家から消えてしまった夜は、哀しい夜でした。 いつもキーちゃんにしていたように、キーちゃんを足の間に挟んで撫でている体(てい)、とか、一緒にテレビを見ている体、とか、エアキーちゃんと過ごしていました。 すると、背後で爪と…