Love of Cats 猫たちからのギフト

猫の難病、闘病、健康、フード、自然のサプリなどのアニマルケア、時々お馬&磯の魚たち

アニマルケア

ネオの口腔内に期待。でもお口だけじゃない、夢の菌!ドリームバチルス セラプトfm

口腔内サプリメントは以前もご紹介しましたが、今回は新しいサプリのご紹介です。 以前の記事はこちら↓ loveofcats.hatenablog.com 今見たら、一個リンクがなくなっていますね。 納豆菌から出来た優秀な口腔用サプリ(液体)だったのですが、猫さんの評判い…

17歳半のお姫様

ワカクネーノさんのお嬢さまは17歳半になりました。 あー青春真っ盛りですね、という訳には参りません。 ミニチュアダックスのお嬢さまです。 とってもかわいい子で、一度チームの行事についてきたことがあるのですが、ワケーノにも親方にも「ラブーラブー」…

夏のお留守番

これだけ地球が暑いと、来年以降ももう毎年こうなっちゃうのって心配ですけど、なんとか地球を守りたいですね。 それが我が身を守ることに・・・いや我が愛しのお猫さまを守ることにつながります。 お留守番の暑さはほんと毎年心配です。 毎夏、親方の冷凍庫…

和子さんとネオとの会話 その3 〜困難な病気を持ってくる意味

「前回のLove of catsは・・・」って海外ドラマの始まりみたいに、前回のラストからつなげてスタート。 キーちゃんとのつながりについて、和子さんは、 「完全に関係ある。今その関係を・・・・。 お父さん・・・なのか・・・お父さん、はじめ彼言ったと思う…

バッチフラワーレメディの効果

大雨の甚大なる被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。 一日も早い復旧をお祈り申し上げます。 バッチフラワーレメディは、英国の医師エドワード・バッチ博士によって開発された自然療法ですね。 動物学やホリスティックケアなどの教科書にも載っている…

皮膚トラブルの対策。おすすめは麻の炭 & 犬猫洗浄液

ネオのかいかいのお話です。 以前も申しましたように、ネオは全身かいかいの掻き傷だらけで主治医にびっくらされた程でした。 そんな状態で我が家にやってきたその年は、冬になってもあちこち掻いておりました。 翌年も季節が暖かくなるにつれてかいかいが始…

慢性軟便 & 末端軟便の行く末

お次は軟便のお話。 慢性軟便、末端軟便、粘膜便、血便、どれ一つとして心休まる言葉ではありませんが、連発することになるかと思います、ご容赦くださいましね。 食べ過ぎとか、お水飲み過ぎたとか、冷えたとか、緊張したとか、薬が合わなかったとか、異物…

ダメ親方はつい目をつぶっちゃうお口の中対策

ネちゃんのお口の中の赤いのを見るのが怖くて、あくびをされるとつい目をつぶっちゃうダメな親方です(笑)。 下の歯はまだ結構あるネオです。 でも下の奥歯ももう抜けてますけどね。 そして下の歯だけあっても草は噛みきれない・・・からちぎってご飯に入れ…

腎臓におすすめサプリのサンプルサイト & ネオたちのレビュー

サンプルサイトどこ〜ってお問い合わせいただきましたので、前掲のサプリのサンプルサイトと、あと実際の猫たちがどうかっていう感想?もお送りしますね。 まずバランスアルファはプレーンの500ccが1本いただける太っ腹状態(大感謝)。 サンプルはこちらか…

久々にお役立ちサプリをご紹介 〜痒がる子に 新発売のサメの肝油もご紹介!

前掲のハーフマラソン並みの記事を忍耐強くお読みいただいた方、ありがとうございました。 さてさて、こうして右手を挙げた運命のネオが我が家にやってきてくれたのは、あーちゃんのセッションから実に11日目でした。 十返舎一九なみの飛ばし方ですか(あ、…

動物が旅立つ時 その2

動物は旅立ちを自分で決めるといいます。 飼い主さんの腕の中で旅立つ子、夜通し看病していたのにちょっとトイレに行った隙に旅立つ子、家族の帰りを待ってから旅立つ子、反対に飼い主さんが出かけている間に旅立つ子、病院で旅立つ子、様々です。 親方は皆…

動物が旅立つ時 その1 

キーちゃんが旅立った朝、ひとまず各方面へご挨拶。 といっても、シスには、キーちゃん旅立ちの儀式中に「キーちゃんが逝っちゃう!」って慟哭メールしてました(キーちゃん、大事な時に後ろでちょっと携帯打ってごめん、言わずにはいられなかったんよね)。…

猫のかさぶた 猫のいぼ

そういえば、猫さんの体にいぼやハゲを見つけてドキッとすることはありませんか? キーちゃんがそうでした。 最初は7月の医療センターの検査の後に気づきました。 首の後ろあたりに何かポコってできてるんです。 キーちゃんができものの病気で検査している最…

こうご動物病院さんのこと

今日はキーちゃんの闘病をお休みして、こんな病院近くにあったら良いなって思っていた動物病院のご紹介です。 それがこちら www.kougo-ah.com 親方がこちらの病院を最初に知ったのは、バランスアルファのサイトの獣医師推薦コメント欄でした。 自分がバラン…

口蓋裂キャップ & 自然のサプリ ビーポレン(病中病後、免疫力アップに)

loveofcats.hatenablog.com そうそう、この回↑で書いていますが、退院の時にS専門医に言われたのは、湿度を60%以上に保ってください、ということ。 そしてがらんどうのお鼻から異物や菌をできるだけ侵入させないように、空気清浄機も買うように言われました…

キビコレ 〜胃ろうチューブ用 お洋服コレクション

今日はキーちゃんのお洋服コレクションをお届けします。 キーちゃんは、自分がすべきことをきちんと理解している男だったので、自分には今日からこれが必要なのねって、術衣やお洋服を嫌がったことはありません。 ただ首から被せる方式は結構脱ぎ着が大変な…

粉塵の少ない猫砂、安心安全な猫砂

キーちゃんの退院延期を引っ張る訳ではないのですが、今日は猫砂について書きまーす。 Googleからのアクセスで1位をずっとキープしているのが「猫砂の粉塵対策」の記事です。 その位、皆さん気にされていらっしゃるんですね。 この記事です↓ loveofcats.hate…

続・胃ろうの話 そして退院前夜・・・

先に胃ろうについてをざっとお話ししましたが、実際キーちゃんの手術後の流れを見てみますと・・・ まず、術後はしばらく胃に何も入れてはいけないそうで、またしても空腹のままのキーちゃん、翌日の夜にぬるま湯を入れて胃ろうがちゃんと稼働するかを見まし…

胃ろうになったからといって、寝たきりでも末期でもございません

さてさて、今日は胃ろうの話をさせていただきます。 じ、じーちゃん まずキーちゃんが胃ろうになったことをY主治医に報告すると、とても喜ばれました。 これで栄養をきちんと摂れるから、きびちゃんの体にとっていいことですね!って。 犬猫の胃ろうって結構…

手作り軽量エリザベスカラー

この時↓に「またの機会に」と書いたお手製エリザベスカラー。 loveofcats.hatenablog.com キーちゃんは点滴の管をかじるようになったので、エリザベスカラーをはめられました。 逆に言えば、かじりん坊であるキーちゃんがよく今までかじらなかったものよのう…

シニア猫さん必見! 甲状腺機能亢進症に低ヨウ素フード

キーちゃんが牢名主となったところで、しばしそのままパトロールしてもらっていましょう。 今日はまたフードのお話。 シニア猫さんになってくると、甲状腺の数値異常の子も増えてきますね。 「うちの子、急に食欲が増えて・・でも太らない、やたら元気」とか…

キーちゃんは戦士で勇者

2つに区切ろうかと思った記事なんですが、一気に続けますんで、長いです。 ご了承くださいまし。 キーちゃんはご飯も普通に食べられるようになりましたし、麻酔や大手術のダメージからもだんだん回復してきて、何より久々に後のダッシュも見られたり(感動…

便秘のツボ 〜 猫には「百会」が二つある

キーちゃんは退院後しばらくが出ませんでした。 もちろん入院中は気にしませんでした、食べてなかったんで。 でもお家帰ってからも、ぜーんぜん出なくなりました。 手術中のお薬(術後は服薬はなし)の影響が腸に来ちゃったか、まあ1ヶ月間ご飯をまともに食…

なぜネブライザーが良いのか 〜 お鼻の中はがらんどう

さて、退院後のキーちゃんとの生活は、気管切開したところの朝晩の消毒とガーゼ交換、そして1日2〜3回のネブライザー。 首に巻いている包帯は人間の伸縮性のある簡易包帯ですが、これがすぐ伸びちゃうしほつれてきちゃうんです。 しかも舐める時舌に引っ掛け…

逆くしゃみにびっくり。退院するよ♪ ネブライザーも始めるよ♪

手術したのが月曜日。火曜の朝に会い、水曜はお休み。 待ちに待った木曜の朝に会いに行きました。 キーちゃんは、親方が会いに行ったらもう大興奮! 病院の人からはご飯をほとんど食べないと聞いていたので心配しましたが、親方からはもちろん食べようとしま…

コードを外して10時間! 〜お役立ち充電蓄熱マット

キーちゃんが二次検査をしている間に、新お役立ちアイテムを。 冬場のお留守番は寒さ対策が肝心ですね。 親方のうちは留守が長いので、ユタンポの類では時間が足りず、結局20時間カイロをベッドの下に置いていく作戦になります。低温やけど対策にタオルで…

核酸とサーモンオイルとバランスアルファ 〜 腎臓疾患、ガン、アレルギーなどに

今日は体にいいもの特集みたいだよ 白血病ウィルスとの闘いには、免疫力アップもそうですが、遺伝子レベルの改善が必要と判断し、遺伝子の働きを正常にしてくれるもの、細胞の傷つきを修復してくれるものを探しました。 そうするとね、核酸にたどり着くわけ…

ハナタケ博士、ヒメマツタケを取り入れる 

めでたく良性のキーちゃんがキャリー訓練をしている間に、サプリの話を。 親方は、キーちゃんのお鼻にできもんがあると分かって以来、鼻のポリープを徹底的に調べました。 その中で、ニンゲンのハナタケの話がやたらヒットするので、当時はハナタケ研究家の…

鼻血が出始めちゃったの巻 〜 おまけはオリーブオイルケア

さて、話はキーちゃんの闘病に戻ります。 ある日、仕事に行こうとして、行ってくるねの挨拶を窓辺のキーちゃんにしに行ったところ、キーちゃんのお鼻から、なんか薄赤茶色のものがたれているではありませんか・・・ え・・・・? 心臓ドッキリです。文字通り…

続・猫とアロマ 〜 シスとアロマの話もおまけ

アロマテラピーの師範であるシスより、前回の記事の追加訂正はなかったのですが、シスは、「万一チョッちゃんがお水を舐めてはいけないので、お風呂にも滴下しなくなった」と言っていました(ちなみにねっちゃんならお風呂来ないから大丈夫…笑)。 もちろん…